ソウ ザ・ファイナル 3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソウ ザ・ファイナル 3D
SAW 3D
監督 ケヴィン・グルタート
脚本 パトリック・メルトン
マーカス・ダンスタン
製作 マーク・バーグ
オーレン・コウレス
グレッグ・ホフマン
製作総指揮 ピーター・ブロック
ダニエル・J・ヘフナー
ステイシー・テストロ
ジェームズ・ワン
リー・ワネル
音楽 チャーリー・クロウザー
撮影 ブライアン・ゲッジ
編集 アンドリュー・クーツ
製作会社 ツイステッド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年10月29日
日本の旗 2010年10月30日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 $136,150,434[1]
前作 ソウ6
次作 ジグソウ:ソウ・レガシー
テンプレートを表示

ソウ ザ・ファイナル 3D』(原題:SAW 3D)は、2010年公開のアメリカ映画。『ソウ』シリーズの第7作目にして完結編。シリーズ初の3D作品でもある。

概要[編集]

監督は『ソウ6』に続いてケヴィン・グルタート。日本の配給側はシリーズのプロデューサー、マーク・バーグに「本作が完結編となり、続編・外伝さらにビギニングも製作はしない」と確認をとったうえで「ファイナル」という邦題を決定した。

ストーリー[編集]

ジグソウのゲームの生存者ボビー・デイゲンは、その経験談をTVや著書などで語りカリスマ的な人気を得ていた。同じくゲームの被害者で生き残った者達はボビーの元に集うが、その中には、1作目の被害者であるゴードン医師もいた。

一方、前作でジルの仕掛けた罠から生存したホフマン刑事は、復讐に執念を燃やす。ジグソウの遺品も狙うホフマンから身を守るためジルは警察に保護を求める。

キャスト[編集]

殺人鬼[編集]

ジグソウ / ジョン・クレイマー
演 - トビン・ベル、日本語吹替 - 石田太郎
連続殺人犯。死後も、彼の仕事は続いている。今作では彼が残した最後の遺言が明かされる。
マーク・ホフマン
演 - コスタス・マンディロア、日本語吹替 - 仲野裕
ジグソウを引き継ぎ、暗躍する刑事。前作でジルに追い込まれヘッドギアによって顔面を負傷する。ジルへ復讐するため、ゲームとトラップを仕掛ける。

ゲーム参加者[編集]

ボビー・デイゲン
演 - ショーン・パトリック・フラナリー、日本語吹替 - 藤原啓治
ゲームの生還者。生還した経験を本にして出版し、テレビのインタビューにも応じている。過去の生存者を集めた生還者の会を主催するが、その後何者かにさらわれゲームに参加させられる。
ジョイス・デイゲン
演 - ジーナ・ホールデン、日本語吹替 - 根谷美智子
ボビーの妻。ゲーム参加者。
ケイル
演 - ディーン・アームストロング、日本語吹替 - 不明
ボビーの友人でマネージャー。ゲーム参加者。
ニーナ
演 - ナオミ・スニッカス、日本語吹替 - きっかわ佳代
ボビーの仲間で広報担当。ゲーム参加者。
スーザン
演 - レベッカ・マーシャル、日本語吹替 - 不明
ボビーの仲間で弁護士。ゲーム参加者。

警察[編集]

マット・ギブソン
演 - チャド・ドネラ、日本語吹替 - 桐本琢也
ジグソウ事件を担当する内部調査官。ジグソウ事件を続けているのはホフマン刑事であることを知り、捜査を始める。
ロジャース
演 - ローレンス・アンソニー、日本語吹替 - 木村雅史
ジグソウ事件を担当する黒人調査官。

その他の関係者[編集]

ジル・タック
演 - ベッツィ・ラッセル、日本語吹替 - 土井美加
ジョンの元妻。前作のラストでヘッドギアを用い、ホフマンを殺そうとするが、これを回避したホフマンから逃れるため、ギブソンに事件の真相を話す。
エヴァン
演 - チェスター・ベニントンリンキン・パーク)、日本語吹替 - 不明
車の修理工場に仕掛けられた別のゲームの参加者。人種差別者で、3人の仲間達とゲームに参加させられる。
ダン
演 - Dru Viergever、日本語吹替 - 丸山壮史
車の修理工場に仕掛けられた別のゲームの参加者。エヴァンの仲間の一人。
カーラ
演 - ギャビー・ウェスト、日本語吹替 - 藏合紗恵子
車の修理工場に仕掛けられた別のゲームの参加者。エヴァンの仲間の一人。
ジェイク
演 - ベンジャミン・Clost、日本語吹替 - 不明
車の修理工場に仕掛けられた別のゲームの参加者。エヴァンの仲間の一人。
ローレンス・ゴードン
演 - ケイリー・エルウィス、日本語吹替 - 大塚芳忠
1作目で監禁されていた外科医。1作目のラストで右足を切断し、バスルームから脱出するが、その後の行方は前作まで描写されることはなかった。本作でボビーが催す生還者の会で遂に姿を見せる。
アダム・フォークナー
演 - リー・ワネル(カメオ出演)、日本語吹替 - 平田広明
1作目のゲーム参加者。アマンダに殺される。
ゼップ・ヒンドル
演 - マイケル・エマーソン(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
1作目のゲーム参加者。アダムに殺される。
アマンダ・ヤング
演 - ショウニー・スミス(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
1作目のゲーム参加者で、ジョンの協力者。3でジェフに殺される。
ダニエル・マシューズ
演 - エリック・ナドセン(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
2作目のゲーム参加者。エリックの息子。
ザビエル・チャベス
演 - フランキー・G(カメオ出演)、日本語吹替 - 乃村健次
2作目のゲーム参加者。ダニエルに殺される。
オビ・テイト
演 - ティム・バード(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
2作目のゲーム参加者。ジョンに協力していた。
マイケル・マークス
演 - ノーム・ジェンキンス(カメオ出演)、日本語吹替 - 不明
2作目のゲーム参加者。トラップにより命を落とす。
リン・デンロン
演 - バハー・スーメク(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
3作目のゲーム参加者。トラップにより命を落とす。
アート・ブランク
演 - ジャスティン・ルイス(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
4作目のゲーム参加者。リッグに殺される。
トレバー
演 - ケヴィン・ラシュトン(カメオ出演)、日本語吹替 - 不明
4作目のゲーム参加者。トラップにより命を落とす。
スコット・マリック
演 - グレッグ・ブリック(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
5作目のゲーム参加者。生還者の会に出席する。
ウィリアム・イーストン
演 - ピーター・アウター・ブリッジ(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
6作目のゲーム参加者。トラップにより命を落とす。
アディ
演 - ジャネル・ハチソン(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
6作目のゲーム参加者。生還者の会に出席する。
エミリー
演 - ラリッサ・ゴメス(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
6作目のゲーム参加者。生還者の会に出席する。
タラ・アボット
演 - ショーナ・マクドナルド(カメオ出演)、日本語吹替 - なし
6作目のゲーム参加者。生還者の会に出席する。
シモーネ
演 - タンデラ・ハワード(カメオ出演)、日本語吹替 - 不明
6作目のゲーム参加者。生還者の会に出席する。
ジョアン
演 - ジョアンナ・ダグラス、日本語吹替 - 藏合紗恵子
ジグソウのゲームの生存者。テレビ番組で、その時の内容を話す。

製作[編集]

企画[編集]

2009年7月、『バラエティ』誌はライオンズゲートが『ソウ』の第7作目を3Dで製作し、5作目の監督のデヴィッド・ハックルが復帰する予定であると報じた[2]。撮影監督はデヴィッド・アームストロングに代わってブライアン・ゲッジとなった[3][4]プリプロダクションは9月14日に始まった[5]

元々は第6作の続編を2作製作する計画であった[6][7]。2009年12月、ポッドキャストによるパトリック・メルトンへのインタビューで、『ソウ ザ・ファイナル 3D』がシリーズ完結編となり、ゴードン医師や他の生存者の運命など、過去の作品で解明されていない謎が明かされることがわかった。『ソウ8』となる予定だったストーリーは『ソウ ザ・ファイナル 3D』に結合された[8]。これは、『ソウ6』の興行成績が期待外れだったことが主な原因であるという[9]。2010年7月22日、『USAトゥデイ』によるプロデューサへのインタビューで、本作でシリーズは正式に終了することが報じられた[10]

2010年1月、撮影開始が2週間前に迫っていた頃、ツイステッド・ピクチャーズはデヴィッド・ハックルを解任し、『パラノーマル・アクティビティ2』を監督する予定だったケヴィン・グルタートを『ソウ6』のときの契約条項を理由に強制続投させることが明らかになった[11][12][13][14]

撮影[編集]

前作までのそれぞれの製作費は1100万ドル以下に留まっていたが、本作は3Dで撮影するために高額となり、グルタートは「これまで最も高価な『ソウ』である」と言い、約1700万ドルになると見積もられている[15][16][17]主要撮影は2010年2月8日にトロントで始り、4月12日に完了した[14] [18][19]。撮影にはSI3Dデジタルカメラシステムが使われた[15]

ソフト化[編集]

全米で2011年1月25日に発売された家庭用ソフトは、2DのDVD、DVDとブルーレイのセット、3Dブルーレイの3形態で発売された。日本では同年3月に、DVD及びブルーレイが単体で発売された。

続編[編集]

前述のように、本作は『ソウ』シリーズの最終作として製作されたものであった。しかし、2016年2月、シリーズ第8作となる『Saw:Legacy』の製作が発表された[20]。チャーリー・クロウザーは第8作目に関して「『ソウ』シリーズのリブート的な作品になる。そこでは、新しいキャラクターによって、新たな物語が展開される。」と述べた[21]。2017年6月、第8作目のタイトルが『Jigsaw』に変更されるとの発表があった。邦題は『ジグソウ:ソウ・レガシー』とされ、日本公開は全米公開から2週間後の2017年11月10日予定。[22]

脚注[編集]

  1. ^ a b Saw 3D (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2010年9月13日閲覧。
  2. ^ McNary, Dave (2009年7月23日). “Deals cut for 'Saw VII'”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118006415.html?categoryid=1236&cs=1 2009年11月23日閲覧。 
  3. ^ Greutert, Kevin (2010年7月3日). “I’ll probably get massively busted for this, but…”. kevingreutert.com. 2010年8月6日閲覧。
  4. ^ Pereira, Mike (2009年5月21日). “B-D Chats With the Cast and Crew of 'Saw VI', New Traps Revealed!”. Bloody Disgusting (The Collective). http://www.bloody-disgusting.com/news/16277 2009年5月21日閲覧. "The series' Director of Photography, David Armstrong, who just recently announcing [Saw VI] will be his final Saw gig [...]" 
  5. ^ Miska, Brad (2009年9月14日). “Pre Production Begins on 'Saw VII' in 3D”. Bloody Disgusting (The Collective). http://www.bloody-disgusting.com/news/17366 2010年1月26日閲覧。 
  6. ^ Miska, Brad (2009年8月13日). “Lionsgate Already Planning on Eighth 'Saw' Film”. Bloody Disgusting (The Collective). http://www.bloody-disgusting.com/news/17069 2010年1月26日閲覧。 
  7. ^ Rotten, Ryan (2009年10月14日). “How Far Will the Saw Series Go?”. ShockTilYouDrop (CraveOnline Media). http://www.shocktillyoudrop.com/news/topnews.php?id=12305 2010年9月2日閲覧。 
  8. ^ “'Saw' Writer Patrick Melton Confirms 'Saw 3D' Is "The Last Shebang!"”. Bloody Disgusting (The Collective). (2010年8月6日). http://www.bloody-disgusting.com/news/21199 2010年8月6日閲覧。 
  9. ^ Patrick Melton, Matt Horn and David Murphy (2009年12月1日). “Patrick Melton Interview by Matt Horn / David Murphy”. オリジナル2010年1月27日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5n5HyQ7XZ?url=http://www.demonfm.co.uk/?q=node%2F596%2F 2009年12月5日閲覧。 
  10. ^ Bowles, Scott (2010年7月22日). “'Saw 3-D' will be the final cut for horror franchise”. USA Today (Gannett Company). http://www.usatoday.com/life/movies/news/2010-07-22-saw22_ST_N.htm 2010年7月22日閲覧。 
  11. ^ Fleming, Mike (2010年1月25日). “'Saw 3D' vs 'Paranormal Activity 2' Battle Gets Bloody For Halloween 2010 Box Office”. Deadline Hollywood Daily (Mail.com Media). オリジナル2010年1月27日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5n5IFefwQ?url=http://www.deadline.com/hollywood/saw-vs-paranormal-activity-war-gets-bloody-for-halloween-2010-box-office/ 2010年1月26日閲覧。 
  12. ^ Fritz, Ben (2010年7月22日). “Lionsgate moves 'Saw 3D' release date to avoid face off with 'Paranormal Activity 2' [UPDATED”]. Los Angeles Times (Tribune Company). http://latimesblogs.latimes.com/movies/2010/07/lionsgate-moves-saw-3d-release-date-to-avoid-face-off-with-paranormal-activity-2.html 2010年7月22日閲覧。 
  13. ^ Miska, Brad (2010年7月27日). “Paramount vs Twisted Pictures/Lionsgate Day 2: Greutert Being 'Tortured'”. Bloody Disgusting (The Collective). http://www.bloody-disgusting.com/news/18863 2010年7月27日閲覧。 
  14. ^ a b “Saw VII 3D Wraps! New Jigsaw Flick Officially in the Can”. Dread Central (CraveOnline Media). (2010年4月12日). http://www.dreadcentral.com/news/36924/saw-vii-3d-wraps-new-jigsaw-flick-officially-can 2010年4月12日閲覧。 
  15. ^ a b Waylan, Sara (2009年10月14日). “SAW VI Producer Mark Burg and Co-Writer Marcus Dunstan talk SAW 7 3D and SAW 8”. Collider.com. http://www.collider.com/2009/10/14/saw-vi-producer-mark-burg-and-co-writer-marcus-dunstan-talk-saw-7-3d-and-saw-8/ 2010年2月8日閲覧. "Burg: Yeah. The first film was $1 million. The second film was $4 million and change. Since then, depending on the dollar fluctuation, they’ve all cost between $10 million and $11 million." 
  16. ^ Gilbert, Ammon (2010年2月8日). “Saw VII Endgame Deluxe 3D starts filming today with Kevin Greutert at the helm”. JoBlo.com (JoBlo Media). http://www.joblo.com/arrow/index.php?id=20603 2010年2月8日閲覧。 
  17. ^ Miska, Brad (2010年2月15日). “Kevin Greutert Talks to BD from the Set of 'Saw VII 3D'”. Bloody Disgusting (The Collective). http://www.bloody-disgusting.com/news/19116 2010年2月16日閲覧. "At this point I view it as getting paid to go through a $17 million dollar one-man 3D film school program, so how's that for looking at the bright side of a dark situation?" 
  18. ^ Miska, Brad (2010年2月7日). “Principal Photography Begins Tomorrow on 'Saw VII 3D'”. Bloody Disgusting (The Collective). http://www.bloody-disgusting.com/news/19002 2010年2月7日閲覧。 
  19. ^ Decker, Sean (2010年3月12日). “Exclusive: Patrick Melton Talks The Collector 2, Saw VII 3D, and More”. Dread Central (CraveOnline Media). http://www.dreadcentral.com/news/36388/exclusive-patrick-melton-talks-the-collector-2-saw-vii-3d-and-more 2010年3月12日閲覧。 
  20. ^ http://bloody-disgusting.com/news/3379148/saw-lionsgate-begins-developing-next-sequel-legacy/”. 2017年6月22日閲覧。
  21. ^ 'Saw: Legacy' to Be Scored by Franchise Veteran Charlie Clouser (Exclusive)”. 2017年6月22日閲覧。
  22. ^ 『ソウ』の恐怖再び…新章『ジグソウ:ソウ・レガシー』11月公開へ”. 2017年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]