スパイラル:ソウ オールリセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スパイラル:ソウ オールリセット
Spiral: From The Book of Saw
監督 ダーレン・リン・バウズマン
脚本
製作
出演者
音楽 Charlie Clouser
撮影 Jordan Oram[1]
編集 Dev Singh[2]
製作会社 ツイステッド・ピクチャーズ
配給
公開
  • アメリカ合衆国の旗2021年5月14日
  • 日本の旗2021年9月10日
上映時間 93分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ジグソウ:ソウ・レガシー
テンプレートを表示

スパイラル:ソウ オールリセット』は、ジョシュ・ストルバーグとピーター・ゴールドフィンガーが脚本を書き、ダーレン・リン・バウズマンが監督したアメリカ合衆国のホラー映画[4]ソウシリーズ英語版の第9弾で、クリス・ロックサミュエル・L・ジャクソンが共演する。

この映画は、COVID-19の大流行により、当初の2020年5月15日の公開日から延期された結果、2021年5月21日、ライオンズゲートによって米国で公開される予定[5] [6]

あらすじ[編集]

ベテランの警官マーカス(サミュエル・L・ジャクソン)が尊敬を集める一方で、目立たぬも勇敢な刑事エゼキエル・"ジーク"・バンクス(クリス・ロック)と彼の新人パートナーであるウィリアム・シェンク(マックス・ミンゲラ)が街の陰惨な過去を不気味に思い出させる恐ろしい殺人事件の調査を担当することになる。知らず知らずのうちに深まる謎に閉じ込められたジークは、自らが殺人鬼の病的なゲームの中心にいることに気づき始める[7]

キャスト[編集]

製作[編集]

企画[編集]

クリス・ロックによれば、『スパイラル:ブック・オブ・ソウ』の起源は、ライオンズゲートのトップと友人の結婚式で偶然出会ったことであり、その映画にはいくつかのコメディー要素が含まれるとはいえ、ホラージャンルで何かをすることは自らのキャリアにおいて新しい道だと感じた、とのことであった[11]。ロックは、『ソウ』シリーズを拡張する自らのアイデアをライオンズゲートに売り込み、ライオンズゲートはそのコンセプトに非常に興味を持ち始めた[12]。ライオンズゲートのCEOであるJoe Drake氏は、彼のアイデアに対して「このクラシックなホラーシリーズに対するウィットや、クリエイティブなビジョン、情熱でもってブランドを活性化させる一方で、素材の持つ遺産に完全に敬意を表している」と語っている[13] 。2018年1月までに流れていた業界の噂では、ライオンズゲートは、ソウシリーズの第9作目の議論を開始したが、第8作目の監督であったスピエリッグ兄弟の再登板はないだろうとのことだった[14] 。2018年4月までに、ツイステッド・ピクチャーズは『ジグソウ:ソウ・レガシー』の脚本家であるJosh StolbergとPeter Goldfingerによる続編を開発していると発表している[15]

2019年5月16日、映画は正式に製作されることとなった 。元シリーズディレクターのダーレン・リン・バウズマンが、シリーズのベテランであるマーク・バーグとオーレン・クールとともにプロデューサーとして映画に戻った。ロックは、自らのアイデアのストーリー化に加えて、エグゼクティブプロデューサーとして関与することとなった。エグゼクティブプロデューサーとして加わったのロックだけではなく、元の『ソウ』のクリエイターであるジェームズ・ワンリー・ワネル、そしてDaniel Heffnerも参加したのであった [16]。結局、StolbergとGoldfingerは脚本家として雇われたことが確認された 。製作発表時、ロックは「2004年の最初の映画以来、『ソウ』ファンです。本作を本当に激しくねじれた新しい世界へと連れて行く機会に興奮しています」と述べた [13] 。バーグとクールは、ロックによる『ソウ』に対するアイデアは、エディ・マーフィが『48時間でバディ・コップ映画に対して行ったものに匹敵し、『ソウ』シリーズに「全く新しい視点」を与える、と述べた 。後に、Stolbergは、この第9作目が前作の第8作目と同様に正統なシリーズの延長上に存在することを認めた。このことは本作がシリーズのリブート/再起動でも、『ジグソウ:ソウ・レガシー直接の続編でもないことを示している[17]

撮影[編集]

2019年7月8日、トロントで『The Organ Donor』のタイトルで撮影が始まった。ロック、サミュエル・L・ジャクソンマックス・ミンゲラマリソル・ニコルズが映画に出演することが発表された [18] [19] 。ライオンズゲートのCEOであるジョー・ドレイクは、「私たちは、マックス・ミンゲラやマリソル・ニコルズと共に、サミュエル・L・ジャクソンやクリス・ロックがこの映画を正統な『ソウ』シリーズにおいて完璧に特別なものにすると思いますし、この奇抜で邪悪な新しい物語をシリーズのファンのみなさまにお見せするのが待ちきれません。これは、全力で次のレベルへと進んだ『ソウ』となります」と述べた [20] 。2019年8月28日、撮影は正式に終了した[21] 。2020年2月、アメリカ映画協会は「恐ろしい流血を伴う暴力と拷問、全編を通じた(それらを連想させる)言語、性的な言及、短い薬物使用といったシーンの連続」のため、この映画にR指定を付けた[22]

マーケティング[編集]

この映画は、当初、ワーキングタイトル『The Organ Donor [23] 』とされていたが、正式名である『スパイラル:ブック・オブ・ソウ』は、2020年1月22日に、カナダでの配給会社がMongrel Mediaとなることとともに報道機関に流出した[24] 。2020年2月5日にリリースされた最初のティーザーポスターと予告編により、『スパイラル』が映画のタイトルである確認された[7]

公開[編集]

『スパイラル:ブック・オブ・ソウ』は、2021年5月21日、ライオンズゲートによって米国で公開される予定である [6] 。この映画は当初2020年10月23日に公開される予定だったが、2020年5月15日へと繰り上がった [25] 。しかし、COVID-19パンデミックの結果、現在の公開予定日まで延期された[5]

参照[編集]

  • 映画におけるCOVID-19パンデミックの影響

参考文献[編集]

  1. ^ Marc, Christopher (2019年7月8日). “Update: 'Spider-Man: Far From Home' Star Samuel L. Jackson Has Joined Chris Rock's 'Saw' Reboot”. HN Entertainment. 2019年11月2日閲覧。
  2. ^ Singh, Dev. “Dev Singh Biography”. Directors Guild of Canada. 2019年11月2日閲覧。
  3. ^ Spirale L'Heritage De Saw”. Metropolitan Filmexport. 2020年11月1日閲覧。
  4. ^ Spiral”. Writer's Guild of America. 2020年5月12日閲覧。
  5. ^ a b Sneider (2020年3月17日). “Lionsgate Delays Chris Rock's 'Saw' Movie, Janelle Monae's 'Antebellum'”. Collider. 2020年3月17日閲覧。
  6. ^ a b McNary (2020年5月1日). “'John Wick: Chapter 4,' 'The Hitman's Wife's Bodyguard' Get New Release Dates”. Variety. Penske Media Corporation. 2020年5月1日閲覧。
  7. ^ a b Patches (2020年2月5日). “The 'Spiral' trailer is our first cut of Chris Rock's 'Saw' reboot”. Polygon. Vox Media. 2020年2月5日閲覧。
  8. ^ Welk (2019年7月8日). “Samuel L. Jackson Joins Chris Rock's 'Saw' Reboot”. TheWrap. 2019年7月8日閲覧。
  9. ^ Spiral: From the Book of Saw”. Mongrel Media. 2020年6月10日閲覧。
  10. ^ Editorial Staff (2020年2月5日). “First poster for Saw reboot Spiral is here!”. Moviehole. 2020年4月18日閲覧。
  11. ^ Chitwood (2020年1月13日). “Chris Rock Explains Why He Made a 'Saw' Movie”. Collider. 2020年1月22日閲覧。
  12. ^ D'Alessandro (2019年5月16日). “Chris Rock To Reboot 'Saw' Franchise With Lionsgate & Twisted Pictures”. Deadline Hollywood. Penske Media Corporation. 2019年8月31日閲覧。
  13. ^ a b McNary (2019年5月16日). “Chris Rock Rebooting 'Saw' Franchise With Lionsgate”. Variety. Penske Media Corporation. 2019年7月8日閲覧。
  14. ^ Stephens (2018年1月16日). “'Saw 9' Conversation is Reportedly Happening”. Screen Rant. Valnet, Inc.. 2019年7月8日閲覧。
  15. ^ Miska (2018年4月3日). “'Jigsaw' Writers Are Currently Working On Next 'Saw' [Exclusive]”. Bloody Disgusting. 2019年7月8日閲覧。
  16. ^ Miska (2019年5月16日). “'Saw' Being Reimagined by Chris Rock with Darren Bousman Returning to Direct!”. Bloody Disgusting. 2019年8月31日閲覧。
  17. ^ Seddon (2019年7月8日). “How 'Saw' reboot fits in with the series timeline”. Digital Spy. Hearst Communications. 2019年7月8日閲覧。
  18. ^ McNary (2019年7月8日). “Samuel L. Jackson to Star in Chris Rock's 'Saw' Reboot”. Variety. Penske Media Corporation. 2019年7月8日閲覧。
  19. ^ Hough (2019年6月27日). “New 'Saw' Movie Set To Start Filming This Month”. Screen Rant. Valnet, Inc.. 2019年8月31日閲覧。
  20. ^ Lussier (2019年7月9日). “More Like Saw-muel L. Jackson, Right?”. Gizmodo. G/O Media. 2019年7月8日閲覧。
  21. ^ Brad (2019年8月28日). “Chris Rock's New Take on 'Saw' Wraps Production”. Bloody Disgusting. 2019年8月29日閲覧。
  22. ^ Spiral (2020)”. The Classification and Rating Adiministration. Motion Picture Association of America. 2020年2月26日閲覧。
  23. ^ Wilhelmi (2019年11月24日). “How Does The 'Saw' Reboot Connect To The Original Movies?”. Screen Rant. 2020年3月21日閲覧。
  24. ^ Burwick (2020年1月22日). “Bewildering 'Saw 9' Title Allegedly Leaks, But Is It for Real?”. MovieWeb. 2020年3月21日閲覧。
  25. ^ McNary (2019年7月22日). “Chris Rock's 'Saw' Reboot Moves Up Five Months to May 2020”. Variety. Penske Media Corporation. 2019年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]