セント・ジェームス病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セント・ ジェームス病院』(St. James Infirmary Blues) は、アメリカ合衆国伝承曲。原曲の作詞者、作曲者は不明だがジョー・プリムローズ(Joe Primrose)(アーヴィング・ミルズ英語版の変名)が作詞、作曲の登録を行っている。

多くのアーティストによりカバーされているが、1928年にルイ・アームストロングがレコーディングしたバージョンが有名である。今日でもジャズブルースの古典として知られている。

邦題としては、『聖ジェームス病院』、『セント・ ジェームス病院ブルース』、『セント・ ジェームス病院のブルース』というものもある。

「亡くなった子供に会いにセント・ ジェームス病院へ行く」といった内容の歌詞。

本曲の原曲だと考えられている曲には、アメリカ民謡の『ラレード通り英語版』であるが、この『ラレード通り』の更なる原曲が、アイルランド民謡の『The Unfortunate Rake (en:The Unfortunate Rake)』である。『The Unfortunate Rake』は、セント・ジェームズ病院(St.James Hospital)で、売春による性行為感染症で死んだ事を歌った内容となっている。

日本人によるカバー[編集]