センダン科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
センダン科 Meliaceae
Aglaia odorata
Aglaia odorata
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: センダン科 Meliaceae

(本文参照)

センダン科(栴檀科、Meliaceae)は、双子葉綱ムクロジ目に属する植物で、熱帯から亜熱帯温帯にかけて、46700あまりが分布している。日本では温暖な地域にセンダンが自生しているほか、中国原産のチャンチン(香椿)が庭木として栽培されている。

熱帯産のものには、マホガニーなど、木材として重要な物がいくつか含まれている。その他、植物油石鹸殺虫剤などの製造に使われてきた。

「栴檀は双葉より香ばし」という有名なことわざに出てくる栴檀(せんだん)は、これとは全く別物のビャクダン科の植物ビャクダン(白檀)のことである。

[編集]


外部リンク[編集]