セルゲイ・リャブコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セルゲイ・リャブコフ

セルゲイ・アレクセーヴィチ・リャブコフロシア語: Сергей Алексеевич Рябков、ラテン文字転写の例:Sergei Alekseevich Ryabkov1950年7月8日 - )は、ロシア外交官2008年からロシア連邦外務次官。

1982年モスクワ国際関係大学を卒業する。同年ソ連外務省に入省する。本省勤務の他、各在外公館で勤務する。 1995年から1999年まで、ロシア外務省欧州全般協力局全欧安保協力機構(OSCE)部長。2002年公使2005年10月からロシア外務省欧州協力局長に就任した。2008年8月15日から外務次官[1]

外務次官としては、2011年イランの核開発問題に対しては、軍事的要素は見られないとして欧米の介入を牽制した[2]北朝鮮金正日総書記が死去したことに関連して、平穏な権力移譲と諸外国の抑制を主張した[3]。また、シリア問題において、現在はいかなる制裁も必要ではないと指摘した[4]

英語デンマーク語に堪能。

脚注[編集]

  1. ^ Указ Президента Российской Федерации от 15 августа 2008 года № 1224
  2. ^ (日本語) ロ外務次官:イランの核計画には軍事要素はない”. ロシアの声ホームページ (2011年12月9日). 2012年1月29日閲覧。
  3. ^ (日本語) 露外務省:北朝鮮への挑発控えるよう隣国に呼びかけ”. ロシアの声ホームページ (2011年12月26日). 2012年1月29日閲覧。
  4. ^ (日本語) 露外務省:シリアに対する制裁は必要ない”. ロシアの声ホームページ (2011年12月26日). 2012年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]