セルウィウス・コルネリウス・メレンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルウィウス・コルネリウス・メレンダ
Ser. Cornelius P.f. Ser.n. Merenda
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 コルネリウス氏族
官職 執政官(紀元前274年)
テンプレートを表示

セルウィウス・コルネリウス・メレンダラテン語: Servius Cornelius Merenda、生没年不詳)は紀元前3世紀初頭の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前274年執政官(コンスル)を務めた。

出自[編集]

パトリキ(貴族)であるコルネリウス氏族の出身。父のプラエノーメン(第一名、個人名)はプブリウス、祖父はセルウィウスである。メレンダ家で執政官となったのは彼のみである。

経歴[編集]

紀元前275年、メレンダは執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルスレガトゥス(幕僚)を務め、サムニウムの都市を占領、その褒章として5ポンドの黄金の花冠を得ている[1]

翌紀元前274年、メレンダは執政官に就任。同僚執政官はマニウス・クリウス・デンタトゥスで前年に引き続いての執政官就任であった。メレンダはサムニウムとルカニア(en)との戦いを継続した[1][2]

脚注[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

公職
先代:
マニウス・クリウス・デンタトゥス
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス
執政官
同僚:マニウス・クリウス・デンタトゥス
紀元前274年
次代:
ガイウス・ファビウス・ドルソ・リキヌス
ガイウス・クラウディウス・カニナ