セリー・オーク駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セリー・オーク駅
Selly Oak railway station.jpg
Selly Oak
所在地 イギリスの旗 イギリス
バーミンガムセリー・オーク
管理者 ロンドン・ミッドランド
駅コード SLY
ホーム 2線
開業年月日 1876年
テンプレートを表示

セリー・オーク駅(セリー・オークえき、英語:Selly Oak station)は、イングランド中部バーミンガムの南西郊セリー・オークにある鉄道駅。セリー・オーク駅は、南方のレディッチから、バーミンガム・ニューストリート駅を経由して北方のリッチフィールドに至るクロス=シティ線の駅である。

この駅は、ミッドランド鉄道の支線であるバーミンガム・ウェスト・サバーバン鉄道(Birmingham West Suburban Railway)の駅として1876年に開業した。当時、駅周辺のセリー・オークとボーンブルック(Bournbrook)は、郊外住宅地区として発展を始めたばかりだった。この駅はその後、大きく手が加えられており、今日ではミッドランド鉄道時代の施設は残っていない。1978年、現在のクロス=シティ線として鉄道が再開された際に、この駅も、沿線の他の駅とともに完全に施設が造り直された。

現在、この駅に停車するのはクロス=シティ線電車(形式は323系)だけである。歩行者と車両のアクセスは、Bristol Road(A38)から Heeley Road を経ることになる。駅と軌道は、盛土の上に設けられている。西ミッドランド旅客交通局の管轄で、運賃ゾーンは2に属する。

近年に至り、駅の用地は拡張されて新たに93台分の無料駐車場が設けられ、セリー・オーク駅は新たなパーク・アンド・ライドの接続点となっている[1]プラットホーム間の移動は屋根付きの跨線橋があるが、車椅子や階段が使えない乗客は、A38までいったん出て反対側のホームへ回る必要がある。跨線橋からは、ボーンブルックやバーミンガム大学、さらにはバーミンガム市中心部が眺望できる。

セリー・オーク駅には、当時のセントラル・トレインズによって2006年に設置された、リアルタイムで運行情報を表示する出発案内板がある。自動券売機2台と、切符売り場の窓口2つが設けられている。

利用状況[編集]

  • 2004-05年 -   80万人
  • 2005-06年 - 増加 89万7千人
  • 2006-07年 - 増加 102万4千人
  • 2007-08年 - 増加 111万3千人
  • 2008-09年 - 増加 157万8千人

隣の駅[編集]

ナショナル・レール
ロンドン・ミッドランド
クロス=シティ線
ユニバーシティー駅 - セリー・オーク駅 - ボーンビル駅

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]