セノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セノー株式会社
Senoh Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
270-2214
千葉県松戸市松飛台250番地
設立 1908年4月1日
業種 製造業
事業内容 体育施設機器器具など
代表者 代表取締役社長 尾崎徹也
資本金 2億0050万0000円
売上高 122億3502万2千円(平成22年3月期)
主要株主 ミズノ100%
外部リンク http://www.senoh.jp/
特記事項:2011年11月時点で会社公式サイトに掲載されていた内容を元にしている。
テンプレートを表示

セノー株式会社(英文社名:Senoh Corporation[1])は、千葉県松戸市に本社を置く体育施設機器器具メーカーである。ミズノの子会社。

概要[編集]

1964年(昭和39年)開催の東京オリンピックにおける体操競技で、同社製品が採用されて以降、オリンピックバレーボール競技[注 1]をはじめとするオフィシャルサプライヤーを、数々の国際大会で務めている[注 2]

跳び箱平均台などは、日本国内の多くの体育館・学校に卸されている[2]

沿革[編集]

1908年(明治41年)4月1日、個人商店として発足後、「勢能体育工業株式会社」「勢能体育用品株式会社」という社名変更を経る[3]

1974年(昭和49年)1月1日、現在の「セノー株式会社」という社名になる。

1989年(平成元年)6月20日国際バレーボール連盟より、公式競技認定品として指定される。

1998年(平成10年)10月12日国際バスケットボール連盟より、公式競技認定品として指定される。

2010年(平成22年)9月21日産活法の認定を受け、9月27日、「松飛台株式会社」(旧会社)と「セノー株式会社」(新会社)に分割する。 [4]

2012年(平成24年)6月21日、ミズノに全株式を売却することを発表、同年6月29日付で同社の完全子会社となる[5]

全国事業所[編集]

支店6、営業所2

松戸本社、札幌営業所、仙台支店、関東信越支店、東京支店、名古屋支店、大阪支店、広島営業所、福岡支店、配送センター(千葉県松戸市)[6]

関連会社[編集]

関連会社2
  • 株式会社セノテック(群馬県沼田市、旧・群馬セノー)
  • セノーメンテナンスサービス株式会社(千葉県松戸市)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同社は、ネット、支柱、審判台などを製造している。
  2. ^ 体操競技では、2011年世界体操競技選手権でもオフィシャルサプライヤーを務めた。
出典

外部リンク[編集]