ズールー (駆逐艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HMS Zulu FL21966.jpg
艦歴
発注
起工 1936年8月10日
進水 1937年9月23日
就役 1938年9月7日
退役
その後 1942年9月14日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 1,870トン
全長 344 ft (105 m)
全幅 36 ft 6 in (11.13 m)
吃水
機関 パーソンズ式減速タービン、2軸推進、44,000 shp (33,000 kW)
最大速 26.5 ノット(30.5 mph; 49.1 km/h)
乗員 190名
兵装 8 x 4.7 guns in four turrets, 4 x 2pdr, 4 x 21 inch torpedo tubes, 2 x depth charge throwers

ズールー (HMS Zulu, F18) は、イギリス海軍駆逐艦トライバル級の一隻。

艦歴[編集]

1936年8月10日に起工。1937年9月23日に進水し1938年9月7日に就役した。

1938年11月18日にマルタに着き第1駆逐群に所属する。第二次世界大戦が始まると、船団護衛に従事した。

1942年の大半はジブラルタルを拠点とするH部隊に属した。1942年8月4日、ハイファ沖で駆逐艦シーククルームおよびテットコットと共にドイツ潜水艦U-372を沈めた。

9月13日、ズールーはシークと共にトブルクに対するコマンド部隊の襲撃作戦(アグリーメント作戦)の支援に就き、9月14日未明、トブルクにコマンド部隊を上陸させ、更に沿岸へ接近して襲撃作戦を援護した。しかし、作戦は港湾警備部隊の予想外の抵抗にあって予定通りには進まず、シークは沿岸監視哨のサーチライト照射に捕捉され、沿岸砲台(8.8cm高射砲および152mm沿岸砲を配置)からの砲撃を受けて被弾、大破し航行不能となった。ズールーは煙幕を張ってシークをサーチライト照射と沿岸放題からの砲撃より保護し、曳航索による曳航を行って戦闘海域からの離脱を試みたが、シークは沈没、ズールーも艦尾に被弾した。ズールーはシークの乗組員を救助して離脱したが、9月14日の日昇後、イタリア軍機の爆撃を受け航行不能となり、同日中に沈没した。ズールーは救助したシークの乗組員共々多数の死傷者を出したものの、乗員の大半は沈没前に救助に駆けつけたクルームにより救助された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度0分 東経28度56分 / 北緯32.000度 東経28.933度 / 32.000; 28.933