スフェノスクス亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スフェノスクス亜目
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
: ワニ目 Crocodilia
亜目 : スフェノスクス亜目 Sphenosuchia
学名
Sphenosuchia


スフェノスクス亜目 (Sphenosuchia) は、三畳紀中期からジュラ紀中期にかけて繁栄したワニ類の一種。

概要[編集]

殆どが小型で、頭部こそワニだが、四肢は長く小型の恐竜のようであったとされる。最初に現れたスフェノスクス類はヘスペロスクスであり、2億2800万年前頃に生息した。最後に確認される種は1億6500万年前のジュンガルスクスである。また最も代表的な種はスフェノスクスである。

関連項目[編集]