ステファン・ビブロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファン・ビブロフスキー
生誕 1891年
ロシア帝国マゾフシェ県ポーランド) ビエルスク
死没 1932年 (41歳)
ヴァイマル共和国ベルリン

ステファン・ビブロフスキー(Stephan Bibrowski、1891年 - 1932年)は、有名なサイドショー芸人(sideshow performer)であり、「獅子面男ライオネル」(Lionel the Lion-faced Man)としてのほうがよく知られる。 その全身は長い毛でおおわれ、そのために外見はライオンのようであった。 これは、過剰異所発毛症(hypertrichosis)というめずらしい病気によるらしかった。

ビブロフスキーは1891年に、身体を1インチの毛におおわれて、ポーランドプウォツク(Plock)近くのビエルスク(Bielsk)に生まれた。 母親は、病気を、父親のライオンによってひどくひっかかれたこと(the mauling of his father by a lion)のせいにしたが、彼女はステファンの妊娠ちゅうにそれを目撃していた。 彼女はステファンをいみきらい、そして彼が4歳であったときに彼をドイツの興行主ゼーデルマイヤー(Sedlmayer)に引き渡した。 ゼーデルマイヤーは彼にステージ名をあたえ、そしてヨーロッパ中で彼を見せものにした。

見せものにされるときまでに、ライオネルの顔の毛は8インチに伸び、そしてほかのすべての部位では約4インチにたれさがっていた。 全身のほとんどが毛でおおわれていて、唯一の例外が両てのひらと両足の裏であった。 1901年にライオネルは、アメリカ合衆国に旅行し、そしてバーナム・アンド・ベイリー・サーカス(Barnum and Bailey Circus)とともに出演しはじめた。 彼はそのときからサーカスとともに旅行し、ときどきヨーロッパに帰った。

演技ちゅうに、ライオネルは体操の芸を演じ、そしてひとびとに話しかけて外見とはするどく対照をなすやさしい側面をみせた。 彼は完璧な紳士であることが知られ、そしていつも服装は非の打ち所が無かった。 彼はまた教育が行き届いていて、そして5カ国語を話した。 彼は、人気のあるよびものになったので、1920年、合衆国に永住した。 彼は、ニュー・ヨークに移り、そしてコニーアイランドの居つきのひとであった。

1920年代後半までにライオネルはサイドショー業から引退し、そしてドイツに帰った。 彼は、ベルリン心臓発作のために41歳で死亡したと報じられた。

参考文献[編集]