スズキ・カバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スズキ・カバト
基本情報
本名 Nolito Cabato
階級 フライ級
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 1968年10月3日
出身地 フィリピンベニト・スゴッド
死没日 (2007-02-24) 2007年2月24日(38歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 62
勝ち 38
KO勝ち 17
敗け 19
引き分け 5
テンプレートを表示

スズキ・カバト1968年10月3日 - 2007年2月24日)は、フィリピンレイテ島生まれ、ベニト・スゴッド出身の元プロボクサーであり、元世界ランカー。本名はノリト・カバトNolito Cabato)。ちなみに、リングネームのスズキ・カバトのスズキは、会長の鈴木からきている。1994年より新日本大阪ジム所属。元日本フライ級王者。日本では主に大阪を舞台にリングに立ち、日本フライ級王座を6度防衛した。

来歴[編集]

1988年12月22日東京でプロデビュー。以後5年間はタイ日本青森県総合運動公園体育館でのレパード玉熊VSヘスス・ロハスのセミで西城のホープ田村知範に6R判定負)・韓国へ多く遠征し、経験を積んだ。

1993年12月18日、フィリピンGABフライ級王者ダン・ニエテスと対戦し、2回TKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

1994年、グリーンツダジムに招かれ井岡弘樹スパーリング・パートナーを務めていた時に鈴木太一新日本大阪ジム会長の目に留まり、同ジムの所属選手となって日本へ拠点を移した。

1996年11月18日後楽園ホールでのガッツファイティング、(当初は指名挑戦者として渡久地隆人に挑む予定だったが)重安栄二との日本フライ級王座決定戦で7回負傷判定勝ちを収めタイトルを獲得。これ以前に傷めたの影響もあり、重心を後ろに置いたカウンタースタイルが特徴的であった。

1997年4月5日徳山昌守に10回引き分けで初防衛に成功した。

1997年6月24日柳光和博に10回判定勝ちで、2度目の防衛に成功した。

1997年9月13日セレス小林に3回負傷引き分けで、3度目の防衛に成功した。

1997年11月25日、徳山昌守との再戦を7回負傷判定勝ちで、4度目の防衛に成功した。

1998年4月4日、セレス小林との再戦を10回判定勝ちで、5度目の防衛に成功した。

1998年5月4日名古屋国際会議場石原英康のデビュー戦となるノンタイトル6回戦で対戦し、0-2(55-58、57-58、57-57)の判定負けを喫した。

1998年7月26日浅井勇登に10回判定勝ちで、6度目の防衛に成功した。

1998年9月30日、7度目の防衛戦はセレス小林との3度目の対決に10回判定負けで、王座から陥落した。12月の大阪府立体育会館での再起戦でも山口圭司に判定負け。

1999年10月15日、趙正路(大韓民国の旗 韓国)に6回TKO勝ちを最後に引退した。

2007年2月24日急性心不全のため亡くなった。38歳だった。

戦績[編集]

  • プロボクシング:62戦38勝(17KO)19敗5分

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ピューマ渡久地
第43代日本フライ級王者

1996年11月18日 - 1998年9月30日

次王者
セレス小林