スコット・ヒックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スコット・ヒックス
Scott Hicks
スコット・ヒックスScott Hicks
本名 Robert Scott Hicks
生年月日 (1953-03-04) 1953年3月4日(64歳)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
主な作品
シャイン

スコット・ヒックスScott Hicks, 1953年3月4日 - )はオーストラリア出身の映画監督

略歴[編集]

ウガンダでイギリス人の港湾・鉄道土木技術者の父とスコットランド人の母の下に生まれる。家族で住まいを転々とし、10歳までケニヤナイロビ郊外に暮らし、イギリスを経て14歳の時にオーストラリアアデレードに落ち着いた。現在でもアデレードに住んでいる。

フリンダース大学で映画制作を学び、数本の短編映画を製作(1997年に大学から名誉博士号を授与される)。卒業後はオーストラリアを代表する映画監督であるピーター・ウィアーブルース・ベレスフォードのもとでスタッフとして働いた。1979年のウィアー監督『ザ・プラマー/恐怖の訪問者』では第二アシスタントディレクターを務めた。

1989年天安門事件直前の中国を撮ったテレビドキュメンタリー作品『鉄壁・万里の長城』で高い評価を得た。

1995年、ピアニストデヴィッド・ヘルフゴットの伝記映画『シャイン』がアカデミー賞7部門にノミネートされ、世界的な知名度を得る。続く『ヒマラヤ杉に降る雪』、アンソニー・ホプキンス主演の『アトランティスのこころ』も好評を博した。

その後しばらくは仕事をセーブし、オーストラリアでテレビ・コマーシャルの制作などを担当した。そのうちの一つはニューヨーク近代美術館の永久コレクションになっている。

6年後の2007年、ラブコメディ『幸せのレシピ』で復帰。同年作曲家フィリップ・グラスをテーマにしたドキュメンタリー長編『Glass: A Portrait of Philip in Twelve Parts』を制作し、トロント国際映画祭で絶賛された。

現在は商業映画より主にドキュメンタリー作品の製作に戻っている。

主な監督作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]