ヒマラヤ杉に降る雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒマラヤ杉に降る雪
Snow Falling on Cedars
監督 スコット・ヒックス
脚本 スコット・ヒックス
ロン・バス
製作 キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
製作総指揮 ロイド・エー・シルヴァーマン
出演者 イーサン・ホーク
工藤夕貴
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 ハンク・コーウィン
配給 ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年12月9日
日本の旗 2000年4月1日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
ドイツ語
製作費 $36,000,000
テンプレートを表示

ヒマラヤ杉に降る雪』(ヒマラヤすぎにふるゆき、Snow Falling on Cedars)は、1999年アメリカ映画。原作は、ペン/フォークナー賞(第15回 1995年)を受賞したデイヴィッド・グターソンのベストセラー小説 Snow Falling on Cedars(日本では『殺人容疑』の訳題で講談社より刊行)。

あらすじ[編集]

1954年12月、日系アメリカ人漁師カズオ(リック・ユーン)は、同僚カール(エリック・サル)を殺害した第一級殺人容疑で罪に問われていた。裁判取材を行う地元新聞記者のイシュマエル(イーサン・ホーク)は、カズオの容疑を晴らす可能性の高い証拠を掴んだが、カズオの妻であり彼自身の幼馴染のハツエ(工藤夕貴)との間の過去の恋愛関係に対する感傷の想いが断ち切れず、また、日系アメリカ人への厳しい偏見と大戦という強い背景によって成就できなかった自分達の関係について自身で整理出来ないでいることにより、掴んだ証拠をどのように扱うべきか悩んでいたのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

その他[編集]

制作に参加したエキストラの多数が、実際に1940年代の日系人の強制収容所送りになった日系アメリカ人で構成されたこともあり、作品中において、日系人差別混じりの法廷の内容や日系人の強制収容所シーンを描くにあたって、小説原作作品ながら史実に基づいた仕上がりとなった作品と評されている。

日本語訳題『ヒマラヤ杉に降る雪』は植物学的に見れば誤訳であり、舞台となったワシントン州オリンピック半島付近にマツ科ヒマラヤスギCedrus deodora)は自生していない。これは、シダー(ceder)の英語における用法が広く、日本語への翻訳にも混乱が生じていることが原因である。当地で多く見られる cedar は、ヒノキ科ベイスギ(アメリカネズコ Western Red Cedar, Thuja plicata)である。

外部リンク[編集]