ジョージ・M・マッキューン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョージ・マカフィー・マッキューンGeorge McAfee "Mac" McCune1908年6月16日 - 1948年11月5日)は、アメリカの言語学者1937年エドウィン・O・ライシャワーとともに、朝鮮語ラテン文字表記法のひとつであるマッキューン=ライシャワー式を考案したことで知られる。

来歴[編集]

宣教師・教育者であったジョージ・シャノン・マッキューン(George Shannon McCune)の子として大韓帝国時代の平壌に生まれる。初等教育を日本統治時代の朝鮮で受け、その後アメリカ合衆国に渡りサウスダコタ州ヒューロン・カレッジに進学。1年後ラトガース大学に転校し、1930年にはオクシデンタル大学を卒業した。卒業後は平壌に戻りユニオン・クリスチャン・カレッジで教えるとともに、貿易事業を行ない成功した[1]

兄のシャノン・ボイド=ベイリー・マッキューンen:Shannon Boyd-Bailey McCune)は地理学者で、バーモント大学学長を務め、朝鮮に関する書籍を公刊している[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ George McAfee McCune, Columbia University, by C. Martin Wilbur [1]
  2. ^ Shavit, David (November 1990). The United States in Asia: a historical dictionary. Greenwood Publishing Group. pp. 320. ISBN 9780313267888. 
  3. ^ George McAfee McCune, History: Berkeley”. University of California. 2010年4月5日閲覧。