ジョン・マーティン (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
John Martyn

ジョン・マーティン(John Martyn、1699年9月12日 - 1768年1月29日)は、イギリス植物学者である。

生涯[編集]

ロンドンで商人の息子に生まれた。父親の事務所で会計の仕事を16年続けたが1718年の夏に医師のパトリック・ブレア(Patrick Blair)と薬剤師のジョン・ウィルマー(John Wilmer)と知り合うことで植物学への興味をもった。ブレアはウィリアム・シェラードとチェルシー薬草園を設立にかかわった一人で、ウィルマーは植物園学芸員を務めていた。マーティンは1720年にフランスの植物学者、ジョゼフ・ピトン・トゥルヌフォールの『パリ近郊の植物誌』("Histoire des plantes qui naissent aux environs de Paris")の翻訳を行った。

1721年頃、ヨハン・ヤーコブ・ディレンと親しくなり、毎土曜にワットリング通りのコーヒーハウス、レインボーに集まった植物学者たち、フィリップ・ミラー、トーマス・デールらと植物学会を設立した。マーティンはこの集まりの世話役を務めた。

1725年と1726年にロンドンで植物学の公開講座を開き、薬用植物の一覧を編集し、"Tabulae synopticae plantarum" として出版した。1727年にジョン・ディオデート(John Diodate)の推薦で王立協会の会員に選ばれ、同年、ケンブリッジ大学の植物学教授に任じられた。学生のためにアルファベット順に配列された植物目録、Methodus Plantarum circa Cantabrigiam nascentiumを製作した。

1728年から『希少植物誌』("Historia Plantarum Rariorum")の出版を始めた。この著作はウィリアム・ヒューストン(William Houstoun)らが北アメリカ西インド諸島で集めた植物などチェルシー薬草園で栽培されている植物を掲載した。図版はオランダ出身の画家、ヤコブ・ファン・ハイスムが描き、エドワード・カーコール(Edward Kirkall)が版画を製作した。メゾチント技法で製作され水彩で彩色された。1738年まで何度か改訂され出版された。

1732年に、リチャード・ブラドリーが没するとケンブリッジ大学の植物学のレジウス教授職(Regius Professor of Botany)を継いだ。1762年までその職にあったが、講義を行ったのは2、3年間だけであった。

古代ローマの詩人、ウェルギリウスの『農耕詩』などの翻訳を行った。

著作[編集]

  • Tournefort's 'History of Plants Growing about Paris, With their Uses in Physick; and A Mechanical Account of the Operation of Medecines. Translated into English, with many Additions. And accommodated to the Plants growing in Great-Britain. London, 1720
  • Tabulae synopticae plantarum officinalium ad methodum Raianam dispositae. 1726
  • Methodus Plantarum circa Cantabrigiam nascentium. 1727
  • Historia Plantarum Rariorum. London: Richard Reily, 1728-1738
  • Pub. Virgilii Maronis Georgicorum libri quatuor. The Georgicks of Virgil, with an English translation and notes. 1741
  • Pub. Virgilii Maronis Bucolicorum Eclogae decem. The Bucolicks of Virgil with an English translation and notes. 1749
  • Dissertations and critical remarks upon the Aeneids of Virgil.... London, 1770 (posthum)