ウィリアム・シェラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィリアム・シェラード(William Sherard、1659年2月27日 - 1728年8月11日)は、イギリス植物学者である。「イングランド博物学の父」と呼ばれるジョン・レイについで、17世紀末のイギリスの重要な植物学者である。

略歴[編集]

レスターシャーのブシュビーで生まれた。父親の姓はシャーウッド(Sherwood)であったが改名の理由は知られていない。下層階級の出身で、高い教育を受けたことで、社会的地位を得た。1677年から1683年までオックスフォード大学のセント・ジョンズ・カレッジで学び、1686年から1688年の間、パリジョゼフ・ピトン・トゥルヌフォールのもとで植物学を学んだ。同時期にトゥルヌフォールのもとで研究していたライデン大学の植物学の教授、パウル・ヘルマンの友人となった。1690年にアイルランドの園芸家としても知られるアーサー・ラウドン卿の家族の個人教師として働いた。

1703年から1716年の間、イギリス領事として働き、資産を持つようになり、イギリスに戻った後は博物学者のパトロンを務めた。支援した博物学者にはヨハン・ヤーコプ・ディレンピエール・アントニオ・ミケーリパオロ・ボッコーネマーク・ケイツビーがいる。セバスチャン・ヴァイヤンの『パリの植物』("Botanicon Parisiense")やヘルマンの"Musaeum zeylanica"の出版に尽力した。シェラードの資金でオックスフォード大学に植物学の教授職が設けられ、ヨハン・ヤーコプ・ディレンがその職に就いた。シェラードの没後も弟のジェームズ・シェラードがウィリアムの遺志を継ぎ、Sherardian Professorshipが創設された1731年にオックスフォード大学から医学博士号が送られた[1]

1694年に出版されたジョン・レイの植物誌、"Stirpium"に貢献し、ヘルマンの没後、共著として "Paradisus Batavus"を出版した。植物の古今の名称が対照されているギャスパール・ボアンの『植物対照図表』(""Pinax theatri botanici")の増補に取り組んだが完成することはなかった。

カール・フォン・リンネより前の世代および同時代の植物分類学に対して、ジョン・レイ、トゥルヌフォール、ヴァイヨン、ヘルマンと行った仕事は、近代分類学の基礎を築いた。

弟のジェームズ・シェラードは園芸技術に優れ、ヨハン・ヤーコプ・ディレンの著書、"Hortus Elthamensis"に記載された珍しい植物はケント州のエルタム(現在はグレーター・ロンドン内)で栽培したものである。

アカネ科の植物の属名、Sherardia(和名:ハナヤエムグラ属)に献名された[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Tilmouth, Michael (1966). “James Sherard, an English Amateur Composer”. Music and Letters 47 (4): 313–322. doi:10.1093/ml/47.4.313. ; p. 319.
  2. ^ L'Établissement de trois nouveaux genres de plantes PA46 L'Établissement de trois nouveaux genres de plantes […], p. PA46 L'Établissement de trois nouveaux genres de plantes PA46, - Google ブックス