ジョン・ホーソーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・ホーソーン
セイラム魔女裁判の裁判官
任期
1692年5月 – 1692年6月
マサチューセッツ上級裁判所英語版副裁判官
任期
1702年 – 1712年
個人情報
生誕 1641年8月2日洗礼
マサチューセッツ湾植民地セイラム
死没 1717年5月10日(75歳)
セイラム

ジョン・ホーソーン: John Hathorne) (1641年8月1717年5月10日)は、マサチューセッツ湾植民地セイラムの裁判官で治安判事。彼は、セイラム魔女裁判の主任裁判官の一人として、早くから意見を述べた者としての役割で知られている。

ホーソーンは、1692年6月にオイヤ―・アンド・ターミナ―裁判所に任命された男性のリストにはなかった。その裁判所は、ホーソーンとジョナサン・コーウィン英語版によって開廷され、サミュエル・パリスおよび/またはエゼキエル・チーヴァー・ジュニアによって記録された霊的証拠、取り調べ、尋問および宣誓供述に大きく依存していた。1692年9月22日、ホーソーンは、ストートンとコットン・マザーとの会議に出席し、裁判を促進するように設計された新しい刊行物で法廷記録を取って議論した[1]サミュエル・シューワル英語版とは異なり、ホーソーンは自分の行動を悔い改めたことはなかった。彼は作家ナサニエル・ホーソーンの父方の先祖だった。

参考文献[編集]

  1. ^ Collections of the Mass. Hist. Soc. 1878

外部リンク[編集]

司法職
先代:
ジョン・サフィン英語版
マサチューセッツ上級裁判所副裁判官英語版
1702-1712
次代:
ナサニエル・トーマス英語版