霊的証拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

霊的証拠: Spectral evidence)は、夢と幻影英語版に基づく証拠の一形態。セイラム魔女裁判において、首席判事ウィリアム・ストートンによって証拠としての能力を承認された。1862年のベリー・セント・エドマンズの魔女裁判の現代的な報告書から取り入れられた小冊子「トライアル・オブ・ウィッチーズ」は、裁判官がそのような証拠が裁判所で使用できるという法的なモデルとなった[1][2][3]

霊的証拠は、告発された魔女の精神(すなわち亡霊)が、夢や幻影(例えば、黒い猫や狼)で目撃者に現れたという証言であった。夢や幻影は証拠として認められた。

コットン・マザー牧師は、法的手続に霊的証拠を認めることは妥当であると主張したが、悪魔が無実の人の形をとることも可能であるため、霊的証拠だけでは有罪判決を出すべきではないと警告した。ロバート・カレフ英語版は、この姿勢についてマザーを批判する『目に見えない世界の驚異』を出版した。カレフの本を読んだ後、インクリーズ・マザーはハーバード・ヤード英語版で公然と本を焼却した[4]

アメリカの法律は後に近代化され、裁判の証拠に亡霊と夢を使用することを除外した[5]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Geis, Gilbert; Bunn, Ivan (1997). A Trial of Witches: A Seventeenth-century Witchcraft Prosecution. New York: Routledge. ISBN 0-415-17109-1. 
  2. ^ Jensen, Gary F. (2006). The Path of the Devil: Early Modern Witch Hunts. Lanham: Rowman & Littlefield. ISBN 0-7425-4697-7. 
  3. ^ Bunn, Ivan. “The Lowestoft Witches”. 2007年12月29日閲覧。
  4. ^ Richard F. Lovelace (1979). The American Pietism of Cotton Mather: Origins of American Evangelicalism. Washington D.C: Christian College Consortium. pp. 22. 
  5. ^ The Salem Times”. people.ucls.uchicago.edu. Univ. of Chicago. 2016年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]