ジョン・パクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・パクソン
John Paxson
John Paxson in 2009.jpeg
2009年、ホワイトハウスでのパクソン
引退
ポジション
(現役時)
ポイントガード
背番号(現役時) 4, 15, 5
身長(現役時) 188cm  (6 ft 2 in)
体重(現役時) 84kg (185 lb)
基本情報
本名 John MacBeth Paxson
愛称 Pax
ラテン文字 John Paxson
誕生日 1960年9月29日(54歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州デイトン
出身 ノートルダム大学
ドラフト 1983年19位
選手経歴
1983-1985
1985-1994
サンアントニオ・スパーズ
シカゴ・ブルズ
指導者経歴
1995-1996 シカゴ・ブルズ(アシスタント)
受賞歴

ジョン・パクソン(John MacBeth Paxson1960年9月29日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州デイトン出身の元プロバスケットボール選手で、現在はNBAシカゴ・ブルズの球団社長を務めている。兄弟のジム・パクソン[1]も元NBAの選手である。

学生時代[編集]

ノートルダム大学で選手として活躍し、1試合当たり12点の記録を残し、1983年のオールアメリカンチームに選ばれている。

NBA[編集]

大学を卒業したパクソンは、1983年のNBAドラフトで1巡目全体19位でサンアントニオ・スパーズに指名された。スパーズで2シーズン過ごした後、フリーエージェントとなりシカゴ・ブルズに移籍、9年間所属し、マイケル・ジョーダンを支える選手として最初の3連覇に貢献した

伝説の3ポイントシュート[編集]

パクソンの最も有名なプレイは、マイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズチャールズ・バークレー率いるフェニックス・サンズが対峙した1993年のNBAファイナルの6戦目であった。ブルズの一員として活躍を続け3勝2敗で王手をかけたが、フェニックスアメリカ・ウェスト・アリーナで行われたこの試合は、第4クォーター残り時間わずかで96対98の2点差でブルズはリードを許しており、このままでは第7戦にもつれ込むことは確実であった。タイムアウト後、ジョーダンが敵陣にドリブルで入り、スコッティ・ピッペンにパス。ピッペンからのボールを受けたホーレス・グラントがゴール下でディフェンスをひきつけた後にパクソンにパスを送り、ノーマークで3ポイントシュートを放った。この3ポイントシュートが決まり、残り時間3秒で試合を99対98とひっくり返した。その後サンズはタイムアウト後、ケビン・ジョンソンが逆転のレイアップを狙うものの、グラントが後ろからブロックショットを決め試合終了。試合後ピッペンは、「タイムアウトの指示通りにプレーすることができた。パックス (パクソンの愛称) にボールが渡った瞬間、"よし!これは決まった!"と確信したよ」と振り返った。この伏兵の1投で、ブルズは最初の3連覇を決めたのだった。

引退後[編集]

1994年に引退した後、95-96年シーズンにフィル・ジャクソンに請われてブルズのアシスタントコーチに就任している。その年ブルズはマイケル・ジョーダンの復帰後最初の優勝を果たす。パクソンはその後家族を優先したいという理由で、アシスタントコーチを辞任、ジョーダンがワシントン・ウィザーズのフロントに加入したときも、ジョーダンからヘッドコーチ就任を依頼されたが同様の理由で断っている。

その後、ブルズ専属のアナウンサーになった。

2003年4月にブルズの副社長になり、アナウンサーの地位を退く。同年の夏にジェリー・クラウスの退任に伴い、ブルズのゼネラルマネージャーに就任した。現在はゼネラルマネージャーを退き、球団社長を務めている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]