ジョン・ネヴィル (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・ネヴィル
John Neville
John Neville
生年月日 (1925-05-02) 1925年5月2日
没年月日 (2011-11-19) 2011年11月19日(86歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル 俳優
活動期間 1949年 - 2006年
配偶者 Caroline Hopper

ジョン・ネヴィルJohn Neville, 1925年5月2日 - 2011年11月19日)は、イギリス出身の俳優である。

来歴[編集]

1925年イギリスロンドンに生まれる。イギリスの男子校で教育を受け、その後イギリス海軍へ従軍[1]。退役後は王立演劇学校演劇を学び[1]俳優活動をスタートさせた。徐々に舞台で役者としての頭角を現し、ロンドンにある劇場オールド・ヴィック・シアターが主催する劇団の正式メンバーとなり、シェイクスピア劇の『ロミオとジュリエット』や『リチャード二世』などの演目への出演で注目を集めた。1961年にはノッティンガムを拠点とする劇団Nottingham Playhouseへ移籍し、そこでも舞台俳優としての功績を残した。

1972年には活動の場を広げるために、家族と共にカナダへ移住[2]1973年にはエドモントンにある劇場で芸術監督に就任し、1978年までの5年間同役を務めた。それ以降も、テレビドラマや映画で役者活動を続ける傍ら、芸術監督としてNeptune Theatreなどの劇場で芸術監督として働いた。1988年テリー・ギリアムが監督した『バロン』で、タイトルロールでもあるバロン・ミュンヒハウゼンを好演。同作品でも注目され、アメリカの作品にも多く出演するようになる。日本でも特にドラマシリーズ『Xファイル』での影のあるシンジケートメンバーの一人としても知られている。それ以降も様々な役柄で多くの作品へ出演し、俳優としての地位を確立した。

私生活[編集]

1949年にCaroline Nevilleと結婚し、二人の間には6人の子供が生まれた[3]

晩年はアルツハイマー型認知症を患っており、カナダトロントで暮らしていた[3]。そして2011年11月19日に、自宅で死去。86歳だった。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • Mrs. Dot (1950) ※テレビ映画
  • ヴェローナの二紳士 The Two Gentlemen of Verona (1952) ※テレビ映画
  • オスカー・ワイルド Oscar Wilde (1960)
  • Mr. トパーズ Mr. Topaze (1961)
  • バレット家の秘密 The Barretts of Wimpole Street (1961)
  • 奴隷戦艦 Billy Budd (1962)
  • 宇宙から来た女 Unearthly Stranger (1964)
  • A Study in Terror (1965)
  • 勇将ジェラールの冒険 The Adventures of Gerard (1970)
  • Boswell's Life of Johnson (1971)
  • リエル Riel (1979) ※テレビ映画
  • バロン The Adventures of Baron Munchausen (1988)
  • 地底探検 Journey to the Center of the Earth (1993) ※テレビ映画
  • Dieppe (1993) ※テレビ映画
  • 赤ちゃんのおでかけ Baby's Day Out (1994)
  • ケロッグ博士 The Road to Wellville (1994)
  • 若草物語 Little Women (1994)
  • デンジャラス・マインド/卒業の日まで Dangerous Minds (1995)
  • The Song Spinner (1995) ※テレビ映画
  • スワン Swann (1996)
  • ハイスクール・ハイ High School High (1996)
  • サボタージュ Sabotage (1996)
  • フィフス・エレメント The Fifth Element (1997)
  • Regeneration (1997)
  • Time to Say Goodbye? (1997)
  • Shadow Zone: My Teacher Ate My Homework (1997)
  • クローン・デイ/J-2.0 Johnny 2.0 (1997) ※テレビ映画
  • パトリシア・アークエットのグッバイラバー Goodbye Lover (1998)
  • Xファイル・ザ・ムービー The X Files (1998)
  • ルール Urban Legend (1998)
  • Water Damage (1999)
  • 太陽の雫 Sunshine (1999)
  • 犬いなる遺産 The Duke (1999)
  • Dinner at Fred's (1999)
  • Bonhoeffer: Agent of Grace (2000)
  • Custody of the Heart (2000) ※テレビ映画
  • サラ・ミシェル・ゲラーのハーバード アクシデント Harvard Man (2001)
  • The Stork Derby (2002)
  • Trudeau (2002) ※テレビ映画
  • 狼とアーロン少年 Time of the Wolf (2002)
  • スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする Spider (2002)
  • クライム&パニッシュメント Crime and Punishment (2002)
  • 微笑みに出逢う街角 Between Strangers (2002)
  • Escape from the Newsroom (2002) ※テレビ映画
  • クリープゾーン/マインド・コントロール Control Factor (2003) ※テレビ映画
  • Hollywood North (2003)
  • The Statement (2003)
  • White Knuckles (2004)
  • 孤独な嘘 Separate Lies (2005)

テレビドラマ[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]