ジョン・オーピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・オーピー(自画像)

ジョン・オーピー(John Opie RA、1761年5月16日 - 1807年4月9日[1]は18世紀後半のイギリスコーンウォール生まれの画家である。肖像画や歴史画を描いた。王立美術院の教授も務めた。

略歴[編集]

コーンウォールの町、Trevellasに生まれた[2]。父親は大工の親方で、早くから絵や数学の才能を示し、12歳の時に、貧しい子供のための学校を開くが、父親は喜ばず、大工の見習いに出された[3]

オーピーの芸術的才能は地元の医師で風刺画家でもあったジョン・ウォルコット(John Wolcot:筆名:Peter Pindar)の注意を引き、ウォットコットは1775年に大工見習いをしているオーピーを訪ね、才能を認め、年期奉公を解消させ、自分家に住まわしてに教育を施し、肖像画の依頼をとって修行させた。[3][4][5]

コーンウォールで肖像画家としての経験を積んだ後、1781年にウォルコットとロンドンに出た[6]。はじめ、ウォルコットと契約し、仕事を取って貰った。ウォルコットは有名な画家、ジョシュア・レノルズたちに、独学の天才画家としてオーピーを売り込み、レイノルズの賞賛を得た[5]。ウォルコットは人脈を使って、王室の人々にもオーピーを紹介し、国王、ジョージ3世もオーピーのメアリー・デラニーの肖像画を購入した。ウィリアム・ヘンリー王子ら王族の肖像画の注文を得ることができた。

1782年に王立美術院の展覧会に初めて出展し、その年結婚したが、1796年に離婚した。

最初の華々しい成功の後、急速に人気が落ちた。オーピーは技術を磨き、文学的な題材に取り組むようになり、1786年に最初の歴史画である『ジェームズ1世の暗殺』を描き、翌年『リッチオの殺人』を描いた。これによって王立美術院の準会員に選ばれ、1788年に正会員に選ばれた。1798年に再婚した。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲の場面を描いて出版するプロジェクト、ボイデル・シェイクスピア・ギャラリーのために、『ロメオとジュリエット』のシーンなどの原画を描いた。

1805年に王立美術院の教授に任じられた。教えた画家にはヘンリー・トムソンらがいる。

作品[編集]

肖像画[編集]

歴史画[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Hendra, Viv (2007). The Cornish Wonder, A Portrait of John Opie. Truro: Truran. pp. 3, 165. ISBN 978-1-85022-216-3. 
  2. ^ “St Agnes”. The Cornishman (105): p. 5. (1880年7月15日) 
  3. ^ a b Earland 1911, pp. 1–8.
  4. ^ Rogers, 1878, pp. 10-14
  5. ^ a b Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Opie, John". Encyclopædia Britannica (英語). 20 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 129. 
  6. ^ Earland 1911, p.26