ジョルディ・サバール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサバール第二姓(母方の)はベルナーデです。
ジョルディ・サバール・イ・ベルナーデ
Jordi savall 06188 agapé.jpg
基本情報
生誕 (1941-08-01) 1941年8月1日
出身地 スペインの旗 スペインカタルーニャ地方バルセロナ県イグアラダ
学歴 バーゼル・スコラ・カントルム
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者
担当楽器 ヴィオラ・ダ・ガンバ

 

ジョルディ・サバール・イ・ベルナーデ(Jordi Savall i Bernadet、1941年8月1日 - )は、スペインヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、指揮者

経歴[編集]

カタルーニャ地方バルセロナ県イグアラダの生まれ。名のJordiはスペイン語風の読み方により「ホルディ」と表記されることがあるが、彼の出身地のカタルーニャ語により「ジョルディ」とするほうが本来の発音に近い。姓のサバールも同様に「サバイ」の方が近い。バーゼル・スコラ・カントルムでヴィオラ・ダ・ガンバを学ぶ。1974年にオリジナル楽器使用のエスペリオンXX(現エスペリオンXXI)を設立。1987年に声楽アンサンブルのラ・カペイラ・レイアルを、1989年にはコンセール・デ・ナシオンを設立。ルネサンスバロックなどの作品を得意とするが、近年19世紀の音楽も演奏している。アラン・コルノー監督の「めぐり逢う朝」(1991)の音楽を担当し、サウンドトラックが高い評価を受けたことでも知られる。

外部リンク[編集]

脚注[編集]