ジョニー・ピーコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョニー・ピーコック(Jonnie Peacock)
MBE
Jonnie Peacock (cropped).jpg
2012年ロンドンパラリンピックで優勝するジョニー・ピーコック
個人情報
生誕 (1993-05-28) 1993年5月28日(25歳)
ケンブリッジイングランド
身長 5 ft 10 in (1.78 m)
スポーツ
イギリスの旗 英国
競技 ランニング
種目 短距離走 (100m)
最終更新日 20 August 2014

ジョナサン・ピーコック(英語: Jonathan Peacock、1993年5月28日生まれ)、MBE、通称ジョニー・ピーコック(英語: Jonnie Peacock)イングランド短距離走者である[1][2][3]。ピーコックは下肢切断者であり、2012年ロンドンパラリンピック英国代表として出場し、T44男子100メートル競走で金メダルを獲得した。

来歴[編集]

ピーコックの地元であるケンブリッジシャーのドディントンにある金のポスト。金メダルを記念して設置された[4]

ピーコックは1993年5月28日にケンブリッジで生まれた[5]。5歳の時に髄膜炎にかかって右足の細胞が壊疽で破壊され、膝のすぐ下で切断することになった[6]。 ピーコックの足は膝下までの非常に短いものとなり、切断箇所が痛んで義足をつけられないような時は母が学校に抱えて連れていったという[7]。ピーコックは自分の切断した足を「ソーセージの足」と呼んでいる[8]

ピーコックはサッカーをしたいと考えており、病院で義肢にあう障害者スポーツについて問い合わせた時、パラリンピックスポーツタレント発掘イベントを紹介され、ここでトレーニングに参加した[9]。ピーコックがはじめて国際競技に参加したのは2012年5月にマンチェスターで行われたパラリンピックワールドカップであった[9]。2012年6月、ピーコックはアメリカ合衆国で開かれたパラリンピックトラック&フィールド選考会で、四肢切断者短距離部門において100メートル走の世界新記録を樹立したが、この時の記録はそれまで記録保持者であったマーロン・シャーリーのタイムを0.06秒短縮した10.85秒というものであった[10]。この記録は2013年7月、リヨンのローヌ競技場で行われた2013年IPC陸上競技世界選手権大会にてアメリカのアスリートであるリチャード・ブラウンに破られた。ブラウンはT44 100メートル走の準決勝で10.83秒というタイムを記録した[11]

2012年夏のロンドンパラリンピックでは、ピーコックはT44 100メートル走の決勝で10.90秒を記録し、オスカー・ピストリウスらを破って金メダルを獲得した[12]。この記録により、パラリンピックのT44 100メートル走で11秒を切るタイムを出した初めての走者となった[13]。この勝利のおかげでピーコックのコーチであるダン・パフは、オリンピックパラリンピックの両方で100メートルの金メダル獲得走者をコーチした唯一の男性コーチとなった。パフはカナダの選手ドノヴァン・ベイリーのコーチであったが、ベイリーは1996年の夏に実施されたアトランタオリンピックの金メダリストである[14]

ピーコックは2015年のIPC陸上競技世界選手権大会は切断した足の痛みのために出場辞退し、この痛みは夏中続いた[15]

ピーコックは2016年夏のリオデジャネイロパラリンピックに出場し、T44 100mレースで10.81秒の記録で金メダルを獲得してチャンピオンの座を守った[16]

受賞・叙勲[編集]

ピーコックは2013年の新年の叙勲で、スポーツ分野での活躍を理由に大英帝国勲章MBEに叙任された[17][18]

その他[編集]

英国のゲイ向けライフスタイル雑誌である『アティテュード』2013年1月号のカヴァーのモデルをつとめた[19]。『アティテュード』誌の取材に答えて、競技の話題にとどまらずガールフレンドやファッションなどについて語り、障害者の権利のために戦う決意も述べている[19]

脚注[編集]

  1. ^ The Athletes: Jonnie Peacock, Channel 4, http://paralympics.channel4.com/the-athletes/jonnie-peacock 2010年8月25日閲覧。 
  2. ^ ‘You only live once so make the most of it . . .’, Cambride News, オリジナルの2012年4月4日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120404175910/http://www.cambridge-news.co.uk/Home/Features/You-only-live-once-so-make-the-most-of-it-.htm 2010年8月25日閲覧。 .
  3. ^ Jonnie Peacock pride at Cup performance, BBC Sport, (26 May 2010), http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/athletics/8705615.stm 2010年8月25日閲覧。 .
  4. ^ Jonnie Peacock selects gold postbox site in Doddington”. BBC (2012年9月10日). 2016年9月4日閲覧。
  5. ^ Jonnie Peacock's Doddington home 'over the moon' at win”. BBC Sport. 2013年1月10日閲覧。
  6. ^ Morton, Emma. “I lost my leg aged five... now I’m 1.9secs behind Usain Bolt”. www.thesun.co.uk. http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/woman/health/health/3843604/I-lost-my-leg-aged-five-now-Im-19secs-behind-Usain-Bolt.html 2012年7月1日閲覧。 
  7. ^ “Paralympic sprinter Jonnie Peacock and his refusal to accept defeat”. http://www.telegraph.co.uk/sport/olympics/paralympic-sport/8999641/Paralympic-sprinter-Jonnie-Peacock-and-his-refusal-to-accept-defeat.html 2013年4月18日閲覧。 
  8. ^ My champion son Jonnie Peacock: Mum Linda reveals his amazing journey from childhood meningitis to Paralympics Gold”. Parentdish. 2014年4月2日閲覧。
  9. ^ a b Alexandra Topping (2012年8月24日). “London Paralympics: introducing Jonnie Peacock, GB's top 100m hope”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/sport/2012/aug/24/london-paralympics-100m-jonnie-peacock?INTCMP=ILCNETTXT3487 2012年9月6日閲覧。 
  10. ^ Jonnie Peacock knocks 0.06 seconds off 100m world record”. BBC Sport. 2012年7月1日閲覧。
  11. ^ Hudson, Elizabeth (2013年7月22日). “IPC Athletics: Hannah Cockroft secures sprint double in Lyon”. BBC News Disability Sport. 2013年7月23日閲覧。
  12. ^ Paralympics 2012: Jonnie Peacock wins gold in T44 100m”. 2012年9月7日閲覧。
  13. ^ “パラリンピック=義足のピストリウス、100mでも連覇逃す”. ロイター. (2012年9月7日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE88600T20120907 2016年9月4日閲覧。 
  14. ^ Andy Bull (2012年9月6日). “Paralympics 2012: Jonnie Peacock breaks record to win gold in T44 100m”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/sport/2012/sep/06/paralympics-2012-jonnie-peacock-gold?newsfeed=true 2012年9月6日閲覧。 
  15. ^ Coldwell, Ben (39 October 2015). “Jonnie Peacock dismisses Richard Browne’s time target”. Athletics Weekly. 2016年1月10日閲覧。
  16. ^ Lofthouse, Amy (2016年9月9日). “Rio Paralympics 2016: Great Britain win seven gold medals on day two”. BBC. 2016年9月9日閲覧。
  17. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 60367. p. 25. 2012年12月29日
  18. ^ “2013 New Year's Honours”. http://www.cabinetoffice.gov.uk/sites/default/files/resources/NY2013-honours-London-2012.pdf 2012年12月29日閲覧。 
  19. ^ a b “Sporting Heroes Month: Jonnie Peacock”. Attitude. (2015年5月16日). http://attitude.co.uk/sporting-heroes-month-jonnie-peacock/ 2016年9月4日閲覧。