ジョアン・コプチェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョアン・コプチェク(Joan K. Copjec)は、アメリカ哲学者批評家映画理論家ラカン精神分析批評[1]ジジェク派の代表的な人物である[2]

ホイートン大学学士(B.A.)、ウィスコンシン大学マディソン校修士(M.A.)、ニューヨーク大学Ph.D.取得[3]。元ニューヨーク州立大学バッファロー校教授(英文学比較文学メディア研究)、ブラウン大学精神分析・文化研究所長、同研究所の学術雑誌『Umbr(a): A Journal of the Unconscious』編集長[4][5]1991年からブラウン大学教授(英語比較文学)[5]

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]