ジュリア・マロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジュリア・マロック(Julia Mullock、1928年3月18日 - )は、全州李氏第29代当主・李玖の前妻。

人物[ソースを編集]

1928年アメリカペンシルベニア州にあるウクライナ系移民の家庭に生まれる。ニューヨークマンハッタンにあるイオ・ミン・ペイの会社に勤めている最中に、李玖との交際を開始し、1958年5月に婚約、10月25日にニューヨークのセントジョージ教会で挙式を挙げた[1]

以降は、夫の赴任地だったハワイに移住したが、1963年韓国に移り住み、ソウル昌徳宮楽善斎に住みながら、姑である李方子福祉事業をサポートした。

しかし、1979年に事業失敗によって日本へ発った夫との間が急激に悪化し、跡継ぎを産むことが出来なかったという理由で、親族の人間達との確執を深めたこともあり、1982年に離婚した[1]

離婚して以降は、プラザホテルでケルト工芸店を運営するなど障害者福祉事業に尽力していたが、1995年に再びハワイに移住した。2005年4月に、自分の生涯を題材にした映画の作成の為に韓国を訪問していた最中に、李玖の訃報に接した。

現在はソウルの江南区にあるアパートで暮らしている。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b Korea’s Last Princess Breaks Silence朝鮮日報英語版、2006年8月30日付