ジュディス・シュクラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジュディス・シュクラー(Judith Nisse Shklar、1928年9月24日 - 1992年9月17日)は、アメリカ合衆国政治学者。専門は、政治哲学、法哲学。

ラトヴィアリガ生まれ。マギル大学で修士号、ハーヴァード大学で博士号取得。その後、ハーヴァード大学教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • After Utopia: the Decline of Political Faith, (Princeton University Press, 1957).
奈良和重訳『ユートピア以後――政治思想の没落』(紀伊國屋書店, 1967年)
  • Legalism, (Harvard University Press, 1964).
田中成明訳『リーガリズム――法と道徳・政治』(岩波書店[岩波現代選書], 1981年/岩波モダンクラシックス, 2000年)
  • Men and Citizens: A Study of Rousseau's Social Theory, (Cambridge University Press, 1969).
  • Freedom and Independence: A Study of the Political Ideas of Hegel's Phenomenology of Mind, (Cambridge University Press, 1976).
  • Ordinary Vices, (Harvard University Press, 1984).
  • Montesquieu, (Oxford University Press, 1987).
  • The Faces of Injustice, (Yale University Press, 1990).
  • American Citizenship: the Quest for Inclusion, (Harvard University Press, 1991).
  • Political Thought and Political Thinkers, edited by Stanley Hoffmann, (University of Chicago Press, 1998).
  • Redeeming American Political Thought, edited by Stanley Hoffmann and Dennis F. Thompson, (University of Chicago Press, 1998).

編著[編集]

  • Political Theory and Ideology, (Macmillan, 1966).