ジュゼッペ・ミラーリア (水上機母艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Foto ufficiale RNGiuseppe Miraglia.jpg
艦歴
発注 ラ・スペツィア造船所に商船「チッタ・ディ・メッシーナ(Citta di Messina)」として発注
起工 1921年3月5日
進水 1923年12月20日進水後、イタリア海軍が購入。
就役 「ジュゼッペ・ミラーリア」として1924年から1925年にかけて水上機母艦へと改装、1927年11月に就役
退役
その後 1943年9月に降伏後、ドイツ軍に接収されて潜水艦母艦として使用。1950年7月15日解体処分。
除籍 1950年
前級 エウローパ
次級 -
性能諸元
排水量 常備:5,400トン
満載:5,913トン
全長 121.0m
水線長 115.0m
全幅 15.0m
吃水 5.82m
機関 ヤーロー重油専焼水管缶8基
パーソンズギヤード・タービン2基2軸推進
最大
出力
12,000hp
最大
速力
21.0ノット
航続
距離
-ノット/-海里
燃料 重油:430トン
乗員 196名
兵装 ヴィッカーズ 1915年型 10.2cm(35口径)単装速射砲4基
13.2mm(-口径)単装機銃12丁
航空
兵装
水上機:20機
カタパルト:2基
クレーン4基
装甲 甲板:80mm
舷側:70mm

ジュゼッペ・ミラーリア (Giuseppe Miraglia) は、イタリア海軍が就役させた2番目の水上機母艦である。

概要[編集]

タラント港にて艦首から撮られた本艦。水線部に新設されたバルジの形状が良く判る写真。

本艦は1920年代に沿岸基地の雷撃・爆撃機隊の強化のために戦闘部隊に随伴させる水上機母艦1隻を整備する研究が行われ実際に1921年~1922年度計画において7,000トンの水上機母艦の建造を議会に提案したが却下された。しかし、この頃に国立鉄道会社が1920年に発注した定期航路用客船4隻が予算不足から売りに出されたのである。さらに1916年に爆沈した弩級戦艦レオナルド・ダ・ヴィンチ」の船体を浮揚した物の復旧を断念したことにより予算面で余裕が生じたことにより、イタリア海軍は4隻の客船を購入してそれぞれ潜水母艦「ヴォルタ」と「パチノッティ」、王室ヨット「サボイア」、そしてアルセナーレ社ラ・スペツィア造船所に発注された商船「チッタ・ディ・メッシーナ(Citta di Messina)」を1923年に取得して水上機母艦「ジュゼッペ・ミラーリア」として再建造が行われた。しかし改装中の1925年に荒天時に転覆してしまい、復元能力の改善のために舷側部にプリエーゼ式水雷防御を追加工事されて1927年11月1日に就役した[1]

艦形[編集]

1932年に撮られた本艦。舷側のシャッターへ水上機を格納中の写真。
艦尾から撮られた本艦。商船型の艦尾から上の後部甲板にロール状のハイン式着水幕が設置されているのに注意。

本艦の船体形状は商船として設計された状態を色濃く残しており、船首・船尾楼のあいだに高い上部構造物を設けて上面を飛行甲板・その下を格納庫スペースとした。船体中央部に上部構造物が集中配置され、操舵艦橋の両脇に船橋(ブリッジ)が設けられ、簡素な単脚式のマストと2本煙突が立っている以外はフラットな形状である。2番煙突を基部としてデリック式のクレーンが設置されておりハッチを介して搭載機の揚収が可能であった。

格納庫は全通ではなく、船体中央部に8つのボイラーを配置する機関区があるため、水上機を格納する格納庫は前後の2か所に分かれていた。艦載機は甲板上の前部甲板の右舷側と後部甲板の左舷側の2か所に開けられたシャッターと、側面に設けられた計4つのシャッターからクレーンにより甲板に揚げられた。前部格納庫が小型機(水上機)用で後部格納庫が大型機(小型飛行艇)用で計20機が搭載できた。


主武装の10.2cm速射砲は格納庫のない船体の前後に2基ずつ計4基が配置された。水上機母艦へと改装された事で重量が増加したため、船体の側面には浮力確保のためにバルジが追加された。

艦載機の発艦は、前後の甲板上に1条ずつ設置されたレールと台車により艦首と艦尾に設置されたガグノット式カタパルトによる射出。もしくは船体の四か所に設置された揚収用クレーン4基による海上滑走により水上機が運用された[2]。就役後にフランス製のハイン式着水幕を1935年に導入してマッキM5やM7などの飛行艇に用いてテストされたが期待した成果が得られず1938年に撤去された[3]

搭載機変遷[編集]

  • 1931年:計17機。マッキM18水上偵察機11機、マッキ7ter水上戦闘機6機[4]
  • 1935年:計18機。マッキM18水上偵察機9機、ピアッジョP6水上戦闘機9機[5]

艦歴[編集]

改装工事は1925年から始まり、1927年の就役後はエチオピア戦争へ参加して航空機の輸送任務に就いた。スペイン内戦時に人員や兵器の輸送任務に用いられた。第二次世界大戦時においては1939年4月のイタリアのアルバニア侵攻作戦時に本艦の容積に着目したイタリア海軍が格納庫に戦車を搭載して輸送し、現地にて舷側開口部からデリックにて陸揚げするという戦車揚陸艦としての運用を用いて話題となった[6]

戦艦「ジュリオ・チェザーレ」と共に第一戦隊に所属し、航空機の輸送任務に就いていた。タラント空襲時は被害を受けなかったため、1942年5月にRe2000の台車を用いたカタパルト射出テストに用いられた[7]。イタリア降伏後はIMAM Ro.43(IMAM Ro.43)数機を搭載して哨戒任務に就いていたほか大戦終了時には戦地からの帰還兵の輸送に用いられ、1947年の連合国との講和時において空母の保有が禁止された後も水上機母艦であったため保有の問題はなかったため航空支援艦(Nave-appoggio aerie)として海軍に在籍し続けたほか工作艦としても用いられた。魚雷艇の乗員のためのハルクとして用いられたが老朽化にともない1950年7月8日に退役した[8]

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 世界の艦船 増刊第20集 第2次大戦のイタリア軍艦」(海人社
  • 「NF文庫 瀬名堯彦著 独仏伊 幻の航空母艦建造計画 知られざる欧州三国海軍の画策」(光人社

脚注[編集]

  1. ^ 独仏伊 幻の航空母艦建造計画 瀬名堯彦 p253~254
  2. ^ 独仏伊 幻の航空母艦建造計画 瀬名堯彦 p256~257
  3. ^ 独仏伊 幻の航空母艦建造計画 瀬名堯彦 p258
  4. ^ 独仏伊 幻の航空母艦建造計画 瀬名堯彦 p257
  5. ^ 独仏伊 幻の航空母艦建造計画 瀬名堯彦 p259
  6. ^ 独仏伊 幻の航空母艦建造計画 瀬名堯彦 p264
  7. ^ 独仏伊 幻の航空母艦建造計画 瀬名堯彦 p280
  8. ^ 独仏伊 幻の航空母艦建造計画 瀬名堯彦 p316~317

外部リンク[編集]