ジュゼッペ・デ・マーヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジュゼッペ・デ・マーヨ(Giuseppe de Majo, 1697年12月5日 - 1771年11月18日)は、イタリア作曲家

生涯[編集]

ナポリ出身。1706年からピエタ・デイ・トゥルキーニ音楽院ニコラ・ファーゴらに師事した。1718年に卒業し、1725年にフィオレンティーノ劇場でオペラ作曲家としてデビューした。1736年、王室礼拝堂のオルガニストに任命され、翌年には副楽長に昇進した。1744年宮廷楽長レオナルド・レーオが死去すると、マリーア・アマーリア王妃の支持を得、フランチェスコ・ドゥランテニコラ・ポルポラとの競争に勝利して、後任の楽長に就任した。

息子のジャン・フランチェスコ・デ・マーヨも作曲家となった[1]

作品[編集]

作品には10のオペラ、多くの宗教音楽協奏曲などがある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]