ジャパンファイナンシャルソリューションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ
JAPAN FINANCIAL SOLUTIONS CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 8489
1999年10月19日 - 2011年2月25日
略称 JFS
本社所在地 日本の旗 日本
104-0031
東京都中央区京橋2丁目14番1号
設立 1974年昭和49年)3月1日
(株式会社大証)
業種 その他金融業
法人番号 1010001144570
事業内容 中小企業に対する手形割引及び事業資金の融資・保証事業ほか
代表者 田中 謙吏(代表取締役社長)
従業員数 25名(2015年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 ウェルスプリングス・インベストメンツ
外部リンク http://www.jpnfs.com/
テンプレートを表示

株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ: JAPAN FINANCIAL SOLUTIONS CORPORATION、略称 = JFS)は東京都中央区に本店を置く金融会社である。

概要[編集]

中小・中堅企業を相手先とした事業資金の融資及び各種金融サービス信用保証などを行っており、東京、大阪、北九州に支店を展開。

前身の「アプレック」は九州地方を中心に中小企業向融資を手がけていた。

沿革[編集]

  • 1974年3月福岡県北九州市小倉北区に「株式会社大証」を設立。
  • 1986年3月、貸付業務を開始。
  • 1993年5月、「株式会社アプレック」に商号を変更。
  • 2004年12月ジャスダックに上場。
  • 2007年12月 NISグループと資本提携。
  • 2008年7月、「中小企業信用機構株式会社」に商号を変更。
  • 2009年3月、本社機能を北九州市小倉北区馬借三丁目3番31号から東京都千代田区飯田橋一丁目3番7号九段下フィナンシャルビル2階に移転。
  • 2009年6月10日、代表取締役社長に日本振興銀行代表取締役社長の上村昌史が就任。
  • 2009年7月1日、本社移転。
  • 2009年8月10日、本社機能を東京都墨田区に移転、同年11月、同地に本社移転。
  • 2010年3月 NISグループがIFSパートナーズ・ファンド1号投資事業組合中小企業投資機構が組成)へ保有株全て(612万6千株)を売却
  • 2011年1月25日東京地方裁判所民事再生法適用を申請、負債額は90億円[1]。 2010年に経営破綻した日本振興銀行株式の減損処理のため8億円の債務超過に陥り、貸金業免許を維持できない可能性が出たため、継続企業の前提に疑義が持たれていた[2]
  • 2011年2月、ジャスダック上場廃止。
  • 2011年7月、Wellsprings Investments Cooperatieve U.A.(Wellsprings Investments Holdings)とスポンサー契約締結
  • 2011年11月、東京地方裁判所より再生計画認可決定。
  • 2011年12月、本社を移転(東京都中央区日本橋茅場町一丁目9番2号)
  • 2012年1月1日、「株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ」に商号を変更。チャータードグループ キャピタル事業部門にて各種金融サービスを展開
  • 2012年9月、民事再生手続きにより、自認債権を除く再生債権の弁済を終了
  • 2014年12月、民事再生手続きの終結。
  • 2015年4月、本社を移転(東京都中央区京橋二丁目14番1号 兼松ビルディング)9階フロアー チャータードグループ キャピタル事業拠点へ移転

脚注[編集]

  1. ^ 中小企業信用機構:民事再生法の適用申請 負債90億円毎日新聞 2011年1月25日配信、閲覧
  2. ^ 経営維持に「重要な疑い」、中小企業信用機構が注記産経新聞 2010年10月20日配信 2011年1月25日閲覧

外部リンク[編集]