ジャック・ブイー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャック・ブイー
Jacques Bouhy
Bouhy.jpg
基本情報
生誕 1848年6月18日
 ベルギー ペパンステ
死没 (1929-01-24) 1929年1月24日(80歳没)
フランスの旗 フランス パリ
ジャンル クラシック
職業 バリトン

ジャック=ジョゼフ=アンドレ・ブイーJacques-Joseph-André Bouhy 1848年6月18日 - 1929年1月24日)は、ベルギーバリトン歌手。エスカミーリョ役としてビゼーの『カルメン』から「闘牛士の歌」を初めて歌ったことでよく知られる。

生涯[編集]

ブイーはペパンステ英語版に生まれた。リエージュ王立音楽院で学んだ後、1871年パリオペラ座においてグノーの『ファウスト』のメフィストフェレス役として初舞台を飾る。オペラ=コミック座では1875年にフィガロ(『フィガロの結婚』)、エスカミーリョ(『カルメン』)を演じた。コミック座では1872年マスネの『バザンのドン・セザール英語版』の初演にも出演した。1882年にはロイヤル・オペラ・ハウスで『ファウスト』と『カルメン』を歌っている。ニューヨーク・ナショナル音楽院の初代院長としてアメリカで過ごした後パリへと戻り、1890年サン=サーンスの『サムソンとデリラ』の大神官役を歌った。ブイーは聴衆から非常に高い人気を得ており、マスネも彼を称賛していた。

ブイー門下からはジャーヴァス・エルウィズクララ・バットルイーズ・カークビー・ランベッシー・アボットスザンヌ・アダムスエヴァ・ゴーティエリリアン・ブローヴェルトルイーズ・ホーマーらが輩出している[1]

ブイーは1929年、パリに没した。

出典[編集]

  1. ^ M. Scott, The Record of Singing II (Duckworth, London 1979), 131, 172.

参考文献[編集]