リエージュ王立音楽院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リエージュ王立音楽院

リエージュ王立音楽院フランス語: Conservatoire royal de Liège, オランダ語: Koninklijk Conservatorium Luik)は、ベルギーフランス語共同体中の4つの音楽院のひとつ。音楽および舞台芸術に関して高度な教育カリキュラムを提供している。

住所はリエージュ市内のPiercot Forgeurの29であり、最初の校舎は1887年建築家のLouis BoonenとLaurent Demanyによって新古典主義様式の設計で建造された。建物内には大規模なコンサートホールが備えられており、1998年から2000年にかけて建て替えられたこのホールは1162席を擁するものとなった。リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団はこのホールを活動の本拠地としている。

音楽院は1826年オランダ国王ウィレム1世(当時のベルギーはオランダの一部だった)によって設立、1827年に開校された。初代院長の座にはジョゼフ・ドーソワーニュ=メユールが就き、在任期間は1862年までの35年間であった[1]1872年から1911年にはジャン=テオドール・ラドゥーが院長を務めた[2]

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

出典

  1. ^ Denis Havard de la Montagne. “Joseph Daussoigne-Méhul”. www.musimem.com. 2013年11月3日閲覧。
  2. ^ Baker, Theodore (1919). Baker's biographical dictionary of musicians, page 735. 

外部リンク[編集]

座標: 北緯50度38分05秒 東経5度34分15秒 / 北緯50.63472度 東経5.57083度 / 50.63472; 5.57083