ジャック・バンヴェニスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャック・バンヴェニストJacques Benveniste, 1935年3月12日 - 2004年10月3日)はフランスパリ免疫学者1979年血小板活性化因子(PAF)の構造とヒスタミンとの関係についての著名な論文を発表した。フランス国立保健医学研究所(INSERM)の免疫学アレルギー炎症を扱う部門UNIT 200の責任者であった。

「水は以前その水に溶けていたものを覚えている(水の記憶)」さらには「水が記憶した情報を、電話回線を使って遠隔地へ送信できる」などの、いわゆるホメオパシーに関する、科学的に完全に否定される内容の研究発表を行い、1991年1998年イグ・ノーベル賞を受賞している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Winners of the Ig® Nobel Prize” (英語). Improbable research. 2009年12月9日閲覧。