ジャックナイフ現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jackknifing truck.gif
Matty Griffin - stunt biker

ジャックナイフ現象(ジャックナイフげんしょう)とは、牽引自動車セミトレーラ)が急ブレーキや急ハンドルをした時、トラクター(運転席)とトレーラー(荷台)が「く」の字状に折れ曲がる現象。トラクターが急ハンドルを切った時、トラクター部分は曲がっても荷台部分には運動の第1法則によって直進しようとする力が働くため、このような現象が起きる。折れ曲がった形が折りたたみ式ナイフのジャックナイフに似ていることから、こう名付けられた。

二輪車の技としてのジャックナイフ[編集]

二輪車におけるジャックナイフとは、ブレーキングや体重移動により後輪を浮かせる技のことをいう。小径車や重心が高くホイルベースの短い車体では、急制動時に意図せず発声したジャックナイフから前転事故へ発展することもあるが、エクストリームバイク熟練者の場合はジャックナイフのままかなりの距離を走行し、そのままターンするなどの技を自在にこなす。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]