ジャイアントモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャイアントモア
Giant moa.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ダチョウ目 Struthioniformes
: モア科 Dinornithidae
: オオモア属 Dinornis
Owen, 1843
学名
Dinornis maximus
Owen,1843
和名
オオゼキオオモア
英名
Giant Moa
  • D. maximus
  • D. robustus
  • D. novaezealandiae
  • D. struthioides

ジャイアントモア英語: Giant MoaDinornis maximus)は、ニュージーランドに生息していた、飛べない大型の鳥類モアの一種。和名はオオゼキオオモア(大関大モア)。絶滅種の一つ。

特徴[編集]

鳥類ダチョウ目モア科に属し、頭頂までの高さは最大で約3.6m、体重は250㎏ほどであったと推定されている。現存する最も大きな鳥であるダチョウよりもはるかに巨体であり、絶滅種を含めると世界で最も背の高い鳥であったとされる[1]。一度の産卵数は2 - 4個といわれ、また長いくちばしの先が下に曲がっていた。明確な性的二型性を持ち、オスよりもメスのほうが大型で、高さで1.5倍、重さで2.8倍程度の差があったとされる。食性は草食で普段は大人しい性格で天敵はハーストイーグルのみであったがその性格故に人間に容易く乱獲された。

歴史[編集]

隕石や自然環境の温暖化や繁殖力の低さ、移住したマオリ族による乱獲(砂嚢に小石を溜める習性を利用し、焼け石を呑ませて殺す[要出典])や棍棒で脚を殴り付ける、槍で攻撃するなどの捕殺によって、1500年代よりも前には絶滅していたと推測されている。

「モア」の呼称の由来については、ヨーロッパ人が原住民(モア・ハンターと呼称されるマオリ人以前の原住民)にモアの骨を集めさせた折に「もっと骨をよこせ」(More bones!)と言ったのを、原住民が鳥の名前と勘違いしたのだと言う説を始め、幾つかの巷説が存在する。ちなみにマオリ人はこの鳥の仲間を「タレポ」と呼んでいた。

生存説[編集]

マオリ族の証言の中に自分の祖父がジャイアントモアを食べたと言うものもあり、少なくとも19世紀頃までは生存していたのではないかという説があり、1993年ホテル経営者のパディ・フリーニがホテルの客寄せの為の虚偽の可能性の高い写真を撮影し、生存説が話題になる以前の1800年代にはニュージーランドの湖や海岸周辺で数件の目撃報告があり、ニュージーランドの南島の原生林には1990年代までは生息、または現在も生息しているという説もある。日本でも1970年に学術調査が行われ、モアの骨格から再現した鳴き声をスピーカーで森林に流し誘き出す作戦が行われたが失敗している。ただし南島でも500年間生存している痕跡は発見されておらず、目撃されたのはペットとして輸入されたエミューキーウィの誤認という説もあり生存の可能性はほぼ皆無である。

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに体重は同じく絶滅種の鳥であるエピオルニスの方がより重く、400〜500kgあったと推定されている。

分類・体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
Clements鳥類分類
モア目 Dinornithiformes