ジャイアントペンギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャイアントペンギン
Pachydyptes ponderosus.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペンギン目 Sphenisciformes
: ペンギン科 Spheniscidae
: Pachydyptes
: P. ponderosus
学名
Pachydyptes ponderosus
Oliver, 1930

ジャイアントペンギンは、化石ペンギンの一種の通称。学名Pachydyptes ponderosus。属名は「ずんぐりした潜水者」、種小名は「重たい」を意味する。

発見[編集]

オタゴ地方オマルーで、3450~3600万年前(始新世後期)と推定される地層から1873年以前に発見されていた数個の骨の化石から、W.R.B. オリバーによって1930年に記載された。

形態[編集]

全長140~160cm、体重80〜90kgと、現在のコウテイペンギンよりも大柄であったと推測されている。

化石[編集]

模式標本上腕骨、それと同個体と思われる烏口骨中手骨ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワに保管されている。また、この種と推定されている上腕骨化石がニュージーランドのオタゴ博物館に保管されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]