ジスルフィラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジスルフィラム
Disulfiram2.svg
Disulfiram-space-filling.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
投与方法 経口
薬物動態データ
代謝 肝臓においてジエチルチオカルバミン酸
半減期 60-120時間
識別
CAS番号
97-77-8
ATCコード N07BB01 (WHO) P03AA04 (WHO)
PubChem CID: 3117
DrugBank APRD00767
KEGG D00131
化学的データ
化学式 C10H20N2S4
分子量 296.543 g/mol

ジスルフィラム(Disulfiram)とは抗酒癖剤。商品名はノックビン。欧米ではアンタビュース(Antabuse, Antabus)の名で市販されており、日本ではこちらの名称でも知られている。

効能・効果[編集]

慢性アルコール中毒に対する抗酒療法。本剤の効果は、服用後、少なくとも14日間は持続する。

作用機序[編集]

本剤はアルデヒドデヒドロゲナーゼを阻害するので肝臓におけるエタノール(エチルアルコール)代謝を抑制し、悪酔いの原因となるアセトアルデヒドを体内に蓄積させる。このため少量の酒でも苦しい目に遭い、断酒、節酒の効果がもたらされる。

なお、ジスルフィラムはアルデヒドデヒドロゲナーゼを阻害する代表的な物質として知られており、ジスルフィラム以外の物質による同じ阻害作用をジスルフィラム様作用という。

注意事項[編集]

本剤を服用時は、嗜好品である酒を飲まなくても、奈良漬のようなエチルアルコールを含む食品や少量の薬用酒を摂取した程度でも悪酔いすることがある。「飲酒」とまで言わない程度のアルコール摂取にも注意が必要である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]