ジェームズ・ロウリネイティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ロウリネイティス

James Laurinaitis
セントルイス・ラムズ No. 55

James Laurinaitis.JPG
ラインバッカー
生年月日:1986年12月3日(28歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州ウェイゼータ
身長:6' 2" =約188cm 体重:247 lb =約112kg
NFLデビュー
2009年セントルイス・ラムズ
経歴
大学オハイオ州立大学
NFLドラフト2009年 / 2巡目(全体の35番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
タックル数     634回
サック数     12回
インターセプト数     9回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • ナグルスキー賞(1996年)
  • バトカス賞(1997年)
  • ロット賞(1998年)

ジェームズ・ロウリネイティス(James Richard Laurinaitis 1986年12月3日- )はミネソタ州ミネアポリス郊外のウェイゼータ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLセントルイス・ラムズに所属している。ポジションはラインバッカー。父親はプロレスラーのジョー・ロウリネイティスロード・ウォリアーズのアニマル)。

経歴[編集]

ミネソタ州でも3本の指に入る裕福なコミュニティで生まれ育った。高校時代、アメリカンフットボールの他にアイスホッケーでも活躍しNHLチームが2巡目または3巡目で指名するのではと見る向きもあったが高校3年次にミネソタ州の最優秀守備選手に選ばれた彼はアメリカンフットボールを選ぶだろうとNHLチームの指名を受けることはなかった。高校卒業時に彼に奨学金のオファーを提示したのは地元のミネソタ大学オハイオ州立大学の2校だけであり彼はオハイオ州立大学を選んだ[1]

大学1年次の2005年は現在デトロイト・ライオンズに所属しているボビー・カーペンター(ストロングサイドラインバッカー)の控えとして全12試合に出場した。シーズン最終戦となるライバル校ミシガン大学戦でカーペンターが足を骨折したためノートルダム大学とのフィエスタボウルでは先発出場を果たした。

2006年には115タックル、4サック、5インターセプトの成績をあげて全米の最優秀守備選手に与えられるブロンコ・ナグルスキー賞を受賞した[2]。またこの年ディック・バトカス賞、チャック・ベドナリク賞の最終選考にも残りビッグ・テン・カンファレンスのファーストチームにも選出された。

2007年にはビッグ・テン・カンファレンスの最優秀守備選手に選ばれるとともに、全米最優秀のラインバッカーに贈られるディック・バトカス賞を獲得し2008年のドラフトにアーリーエントリーすればドラフトで全体10番目以内の指名を受ける可能性が噂されたが母校にとどまり[1]、2008年にロニー・ロット賞を獲得すると共にウォルター・キャンプ賞の最終選考に残った15人(守備選手5人の1人)の1人となった。大学4年間で彼は大学史上4人目となる3年連続チームトップのタックル数を記録した。4年次の1試合あたり10.0タックルはカンファレンス2位、全米14位の記録であった。

2009年のNFLドラフト2巡目全体35番目にセントルイス・ラムズに指名されて入団した。開幕戦から先発ミドルラインバッカーとしてプレーしチームトップのタックルをあげてラムズの最優秀新人選手に与えられるキャロル・ローゼンブルーム賞を受賞した。またスポーティング・ニュースよりオールルーキーにも選ばれた。

2011年は142タックル、3サック、2インターセプトの活躍を見せた[3]

2012年9月、ラムズと5年4220万ドルの契約延長を果たした[4]

親族[編集]

ロード・ウォリアー・アニマルとして活躍した父親の他に、ジョン・ロウリネイティス(日本では主にジョニー・エースとして活躍)、マーク・ロウリネイティス(ザ・ターミネーター)を叔父に持つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 父はロード・ウォリアーズ、LBロウリネイティス”. NFL JAPAN (2009年2月22日). 2010年11月21日閲覧。
  2. ^ Ohio State's Laurinaitis wins Bronko Nagurski Trophy”. ESPN (2006年12月4日). 2010年11月21日閲覧。
  3. ^ ラムズ、LBローリナイティスおよびDEロングと交渉開始”. NFL JAPAN (2012年6月10日). 2012年6月27日閲覧。
  4. ^ ラムズ、LBローリナイティスと5年33億円で契約延長”. NFL JAPAN (2012年9月9日). 2012年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
エルヴィス・ドゥマーヴィル
ナグルスキー賞
2006年
次代:
グレン・ドーシー
先代:
パトリック・ウィリス
バトカス賞
2007年
次代:
アーロン・カリー
先代:
グレン・ドーシー
ロット賞
2008年
次代:
ジェリー・ヒューズ