ジェームス・M・バーディーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
James M. Bardeen (1980)

ジェームス・マクスウェル・バーディーン(James Maxwell Bardeen、1939年5月9日 -)はアメリカの物理学者。一般相対論、特にブラックホール力学の法則を定式化で著名。アインシュタイン方程式の厳密解であるバーディーン真空を発見した。

1960年にハーバード大学を卒業し、リチャード・ファインマンの指導の下、カルテックで博士号を取得した[1]シアトルワシントン大学の物理学名誉教授であり、理論物理学ペリメーター研究所の卓越客員研究員である[2]。2012年、米国科学アカデミーに選出された[3]

父はノーベル賞を2度受賞したジョン・バーディーンである[4]。兄弟のWilliam A. Bardeenも物理学者であり、今は亡き姉妹のElizabethはMITの物理学者であるThomas J. Greytakと結婚していた。

脚注[編集]

  1. ^ Bardeen, James Maxwell - CaltechTHESIS
  2. ^ James Bardeen”. Perimeter Institute for Theoretical Physics. Perimeter Institute for Theoretical Physics. 2016年1月12日閲覧。
  3. ^ James Bardeen, Array of Contemporary American Physicists Archived 2014-08-08 at the Wayback Machine.
  4. ^ Hoddeson, Lillian; Daitch, Vicki (2002). True genius: the life and science of John Bardeen : the only winner of two Nobel Prizes in physics. Joseph Henry Press. p. 93. ISBN 978-0-309-08408-6. https://books.google.com/books?id=ZBQ7pmwfUyIC&printsec=frontcover. 

外部リンク[編集]