ジェフリー・キングストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェフリー・キングストン
Jeffrey Kingston
生誕 1957年????[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 コロンビア大学[1]
職業 大学教授

ジェフリー・キングストン(Jeffrey "Jeff" Kingston, 1957年 - )は、アメリカ合衆国生まれの歴史学者[1]。日本在住のリベラル派の政治学者。専門分野は日本[2]

概要[編集]

論説や書評、コメントをインターナショナル・ニューヨーク・タイムズウォール・ストリート・ジャーナルフィナンシャル・タイムズジャパン・タイムスバンコック・ポストなどへ寄稿している。ジェフ・キングストンとも表記される。

岩手県出身の妻と1982年までに結婚をしている[3]1987年コロンビア大学で歴史学の博士号を取得し、同年よりテンプル大学日本校で教授をしている[4]。同校アジア研究Director[4]

東ティモールミャンマーに関する論文もある[5]。ニューヨーク・タイムズやファイナンシャル・タイムズなどに寄稿する他、他の英字紙やCNNなど英語メディアにも独自の日本に対する見解を披露している[2][6]ジャパン・フォーカスの編集員 (Editor) でもある[7]

日本の朝日新聞を「リベラリスト 」、河野談話を「アジアの多くの若い女性たちを巻き込んだ卑劣なシステムに対する責任を認め賠償を約束していて日本の評価を大いに改善させた談話」と考えている[8]東洋経済オンラインピーター・エニスによれば「リベラルな視点を持つ政治学者」である[9]。2017年に安倍首相の自民党が勝利した際にはニューヨーク・タイムズに「安倍は基本的には投票者には不人気で政策も支持がなく、リーダーシップでも高い評価は得られていない。しかし、選挙では勝ち続けている。」としたコメントをしている[6]。2019年にはアメリカのCNNが「日本女性の間でバレンタインデーにチョコレートを買って男性にあげることに抵抗する雰囲気が広がっている」とした報道し、キングストンは記事の中で「日本でバレンタインデーは家父長制の象徴」と主張し、日本のバレンタインデーを最近の日本女性は女性差別イベントだと思っていて反発が広まっているとコメントしている[2]

学歴[編集]

  • 1979年 B.S. in foreign service, Georgetown University, School of Foreign Service[5]
  • 1981年 M.A. in international affairs, Columbia University, School of International Affairs[5]
  • 1987年 Ph.D. in history, Columbia University[5]


編著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]