ジェニファー・ウェルシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェニファー・ウェルシュ(Jennifer M. Welsh)は、カナダ出身の国際政治学者。専門は、国際関係論、とくに人道的介入についての研究。

カナダ・サスカチュワン州生まれ。サスカチュワン大学卒業後、ローズ奨学生としてオックスフォード大学に留学し、修士号および博士号取得。トロント大学マギル大学を経て、2009年現在、オックスフォード大学教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Edmund Burke and International Relations: the Commonwealth of Europe and the Crusade against the French Revolution, (Macmillan, 1995).

編著[編集]

  • Humanitarian Intervention and International Relations, (Oxford University Press, 2004).

共編著[編集]

  • Empire and Community: Edmund Burke's Writings and Speeches on International Relations, co-edited with David P. Fidler, (Westview Press, 1999).
  • Exporting Good Governance: Temptations and Challenges in Canada's Aid Program, co-edited with Ngaire Woods, (Wilfrid Laurier University Press, 2007).
  • The United Nations Security Council and War: the Evolution of Thought and Practice since 1945, co-edited with Vaughan Lowe, Adam Roberts and Dominik Zaum, (Oxford University Press, 2008).