シンティオ・ビティエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンティオ・ビティエールCintio Vitier1921年9月25日2009年10月1日)は、キューバ詩人エッセイスト。息子のホセ・マリア・ビティエールは作曲家[1]。2002年にラテンアメリカ西インド諸島の優れた文学に贈られるフアン・ルルフォ賞を受賞している[1]

1921年にアメリカ合衆国フロリダ州モンロー郡キーウェストに生まれた。キューバ国籍でありキューバのマタンサスにある父親の開校した学校へと通い、15歳のときにはハバナへと家族と共に引っ越した。1947年に弁護士の資格を習得しハバナ大学を卒業した[2][3]

キューバの独立革命家、文学者であるホセ・マルティの研究も行い、ホセ・マルティ研究所の所長も務めた。日本ではカリブの太陽正義の詩‐「キューバの使徒ホセ・マルティ」が出版されており、書中で池田大作との対談も行っている。

2009年10月1日、バハマにて88歳で亡くなっている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b Cuban Cintio Vitier wins Juan Rulfo Prize”. Guadalajara, Mexico: The Associated Press (2002年7月8日). 2009年10月4日閲覧。
  2. ^ a b “Cuban Intellectual Cintio Vitier Passes Away at 88”. Latin American Herald Tribune. (2009年10月3日). http://www.laht.com/article.asp?ArticleId=344912&CategoryId=13003 2009年10月3日閲覧。 
  3. ^ Holmes, Daryl Y., Guide to Literary Masters and Their Works (subscription required), Great Neck Publishing, http://web.ebscohost.com/lrc/detail?vid=2&hid=113&sid=de845b06-1f96-4303-af75-1c29a7ba4299%40sessionmgr111&bdata=JnNpdGU9bHJjLWxpdmU%3d#db=lfh&AN=MOL9790307607