シンガポール地下鉄C151A形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポール地下鉄C151A形電車
C151a.jpg
編成 6両 22編成
営業最高速度 80 km/h
設計最高速度 90 km/h
起動加速度 3.6 km/h/s
減速度 4.3 km/h/s(常用最大)
4.7 km/h/s(非常)
編成定員 1920
車両定員 320
全長 23,830 mm
全幅 3,200 mm
全高 3,690 mm
軌間 1,435 mm
電気方式 直流750v(第三軌条方式
制御装置 富士電機IGBT-VVVF
保安装置 ATCATP
製造メーカー 川崎重工青島四方機車車輛

シンガポール地下鉄C151A形電車(シンガポールちかてつC151Aがたでんしゃ)はシンガポール地下鉄(MRT)の通勤形電車である。

概要[編集]

本車両は川崎重工四方機車車両が132両製造した。2011年から2012年に納入された。

外装[編集]

内装[編集]

編成[編集]

通常は2M1Tの3両のユニット2つで6編成で運用されておりTc - M - Mc - Mc - M - Tcとなっている。付番は4桁の数字でされており、千の位が号車番号で3は必ず付随車に充てられている。その他はユニット番号になっている。501番ユニットと502番ユニットの編成の場合、3501 - 1501 - 2501 - 2502 - 1502 - 3502となる。

性能諸元[編集]

外部リンク[編集]