ボンバルディアInnovia APM 100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボンバルディアInnovia APM 100
LRTブキ・パンジャン線のボンバルディアInnovia APM 100
LRTブキ・パンジャン線のボンバルディアInnovia APM 100
基本情報
製造所 アドトランツ
ボンバルディア・トランスポーテーション
主要諸元
電気方式 交流600 V第三軌条方式)
設計最高速度 55 km/h
起動加速度 3.6 km/h/s
減速度(常用) 4.32 km/h/s
減速度(非常) 4.68 km/h/s
車両定員 105
車両重量 15t
全長 12,800 mm
全幅 2800 mm
全高 3400 mm
車体 アルミニウム合金
主電動機 直流電動機
制御装置 サイリスタ位相制御
保安装置 ATCATOATPATSCTI
テンプレートを表示

Innovia APM 100は、以前はCX-100として知られており、町の空港連絡およびライトレールを主な目的として、アドトランツ(現・ボンバルディア・トランスポーテーション)によって最初に開発されたAutomated People Mover (APM) 車両である。 完全に自動化および無人化されており、自動列車制御装置 (ATC) によって運行されている。

概要[編集]

Innovia APM 100は、アドトランツの以前のPeople mover車両であった、アドトランツC-100が進化したものである。 ボンバルディアが意図するInnovia APM 100の後継車両は、ダラス・フォートワース国際空港スカイリンクAPMとしてデビューするために製造されたInnovia APM 200(当初、単にInnoviaとして知られた)である。 しかしながら、Innovia APM 100がボンバルディアによって提供され続けており、今後も数年間多くの空港で運行中のままである。 多くの空港で使用されていることに加えて、Innovia APM 100はアメリカ合衆国フロリダ州ダウンタウン・マイアミ英語版の至る所を走行するマイアミ・メトロムーバー英語版車両(アドトランツC-100と一緒に)として使用されている。

空港連絡[編集]

大規模な空港におけるターミナル内連絡のための一般的な鉄道車両であり、いくつかの空港で運行中である:

現行:
以前:

マイアミ・メトロムーバー[編集]

アメリカ合衆国フロリダ州マイアミメトロムーバー英語版にて、ボンバルディアInnovia APM 100が使用されている。 システムの古いアドトランツC-100を置き換えるために、列車は2008年(平成20年)に導入された。 メトロムーバーは、空港以外で運行するためにInnovia APM 100を使用する、世界で数少ない鉄道システムの1つである。

LRTブキ・パンジャン[編集]

LRTブキ・パンジャン上のInnovia APM 100車の内装。
「曇らない」ときのLRTブキ・パンジャンの窓。
「曇る」ときのLRTブキ・パンジャンの窓。

Innovia APM 100は、1999年(平成11年)にLRTブキ・パンジャン線上で運行を開始した。 これらの車両は、ウェスティングハウスおよびアドトランツ(ボンバルディアが買収)によって共同製造され、かつて1990年代初頭にシンガポール・チャンギ国際空港スカイトレインシステムで使用されていたC-100と類似している。 新しいMRT列車車両で利用可能な新機能の大部分は、ここでも見ることができる。

金属トラック上での金属車輪の代わりに、コンクリートトラック上での非常に静かなゴム・タイヤ車輪が使用されている。 また、居住者のプライバシーを確保するために(主に)HDBアパート一区画の6m内で窓が曇る。 19両の各車(ピーク時には、必要に応じてペアになって連結することができる)が購入された。

LRTブキ・パンジャン線は初年度に多数の技術的な問題で苦しんでおり、シンガポールのその後のLRT線では代わりにクリスタルムーバーを使用している。

LRTブキ・パンジャン線のピーク時の混雑を50%緩和するために、列車車両がもう13両増備された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]