シリヤ・シンフォニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シリヤ・シンフォニー
Silja Symphony.jpg
ヘルシンキ近海を航行するシリヤ・シンフォニー
船歴
起工
進水
就航 1991年6月1日
退役
建造社 マサ造船所
建造費
船名
1991 - シリヤ・シンフォニー
オーナー
1991 - 2006 シリヤライン
2006 - タリンク[1]
運航会社
1991 - シリヤライン
要目
船種 フェリー
船籍 スウェーデンの旗 スウェーデン ストックホルム
IMO番号 8803769
排水量 総トン数 58,377t
全長 203m
全幅 31.5m
吃水 7.1m
機関 バルチラ-Vasa 9R46 ディーゼルエンジン 32,500kw
速力 21ノット
耐氷船級 1A super
船客定員 2,852人
客室 995室
乗員
車両 395両
出典 [2]

シリヤ・シンフォニー(Silja Symphony)は、タリンクが保有し、シリヤラインのブランドで運行しているフェリーである[3]。航路はストックホルム - マリエハムン - ヘルシンキバルト海沿岸にある2つの国の首都を1泊で結ぶ大型の国際フェリーであり、クルーズフェリーと呼ばれるほど、豪華な設備を持つ。

経歴[編集]

トゥルクのマサ造船所で建造されていたが、バルチラの造船部門の破綻により、引き渡しは数ヶ月遅延し、1991年5月30日となった。6月1日にヘルシンキ - ストックホルム間の航路に就航した。シリヤ・シンフォニーは、高コストではあるが後に一般化した中央部にプロムナードを持つ最初期の船であった。姉妹船のシリヤ・セレナーデとの相違点として煙突はアルミニウム製であり、これによって軽量化がなされていた。この他の相違点として、デッキ外側の塗装がライトブルー(セレナーデは緑)、煙突に描かれたマスコットの目が青(セレナーデは白抜き)、船名表示が白地に青(セレナーデは青地に白)となっている点が上げられる。

1994年9月28日のエストニア遭難事件に際し、3番目に駆けつけた船となった。1996年2月7日にはストックホルム近海で座礁、12月にはエンジンを窒素酸化物の排出量を抑えた新型に交換した。1999年6月には、EUの税制変更により免税対象から外れることを避けるため、マリエハムンが寄港地に追加された。

2001年8月6日、冷却水の取水口に魚の群れが絡まり、過熱したエンジンが停止した。これによりヘルシンキへの到着が1時間半遅れることになった。2004年にはフィンランドのSグループのためにタリンからの特別クルーズが2回催され、翌年1月にも同様のクルーズが行われた。2006年1月から2月にかけて、タリンクによるシリアライン買収にともなう内装の改装がナーンタリで行われた。2007年9月、マリエハムンにてボーディング・チューブに衝突、60万ユーロ相当の損傷となった。

構造[編集]

2004年ヘルシンキのオリンピア埠頭にて。写真奥からシリヤ オペラ、 シリヤ シンフォニー、そして高速船のスーパーシーキャット フォー。2007年現在、この中でシリヤラインのブランドはシンフォニーのみである。

14層のデッキからなる。

  • 1層:機関室
  • 2層:機関室、Cクラス客室
  • 3、4層:車両デッキ、乗員船室
  • 5層:スパ、ドライバー用設備(driver's club:サウナ、レストラン等)[4]、客室(Aクラス、Bクラス)
  • 6層:会議室、レストラン(Bistro Maxime)、カフェ(Café Orient)、ビュッフェ(Buffet Symphony)、免税店
  • 7層:ナイトクラブ(Atlantis Palace)、カジノ、免税店、レストラン(Mundo、el Capitan、Happy Lobster、Bon Vivant restaurants)、バー(Tapas & Seafood bar、Old Port Pub)、プレイルーム(子供用)
  • 8層:ナイトクラブ(Atlantis Palace)、客室(Aクラス、プロムナードクラス)
  • 9層:客室(ラグジュアリーカンファレンススイート、Aクラス、プロムナードクラス、Bクラス)
  • 10層:客室(コモドア、Aクラス、プロムナードクラス、Bクラス)、コモドアクラス専用ラウンジ
  • 11層:客室(コモドア、エグセクティブスイート、Aクラス、プロムナードクラス、Bクラス)、
  • 12層:デッキ、サウナ、プール、乗員船室
  • 13層:ブリッジ、ディスコ、ナイトクラブ(New York Club & Lounge)、映画館
  • 14層:ヘリコプター甲板

出典[編集]

  1. ^ Audited annual report of the 2008/2009 financial year (pdf)”. 2010年3月10日閲覧。
  2. ^ Technical information”. シリヤライン. 2012年11月16日閲覧。
  3. ^ Tallink corporate structure, retrieved 2008-09-08
  4. ^ Driver's Club”. タリンク. 2012年11月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]