シャルル・パンゼラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シャルル・パンゼラ(Charles Panzéra, 1896年2月16日 ジュネーヴ1976年6月6日 パリ)は、スイス出身のバリトン歌手。フランスを拠点にオペラコンサートで活躍した。本名はシャルル・オーギュスト・ルイ・パンゼラ(Charles Auguste Louis Panzéra)といった。

略歴[編集]

パリ音楽院に入学して名教師アメデー=ルイ・エティックに師事するが、第一次世界大戦中は学業を中断してフランス軍に志願した。この間2度負傷したものの、音楽院を修了し、1919年オペラ・コミック座におけるマスネのオペラ『ウェルテル』のアルベール役で初舞台を踏んだ。3シーズンにわたってオペラ・コミック座に留まり、ラロの『イスの王様』やマスネの『マノン』のレスコー役、そして一番の当たり役である『ペレアスとメリザンド』のペレアス役といった役柄を得意とした。中でもペレアス役は、1930年代を通じていくつかの国々で何度も演じている。

まだパリ音楽院に在籍中に、当時の院長ガブリエル・フォーレと、同窓生のピアニスト、マドレーヌ・バイヨ(Magdeleine Baillot)と出逢う。フォーレからは1921年8月に作曲した『幻想の水平線』(フランス語: L'horizon chimérique)を献呈され、当時新人のパンゼラが1922年5月13日国民音楽協会演奏会でこの新作を初演したところ、大成功に終わり、パンゼラは名を挙げた。バイヨは生涯にわたってパンゼラの伴奏者を務めただけでなく、生涯の伴侶となっている。パンゼラ夫妻の娘クリスチアーヌ(2006年没)は、長じて精神分析家となった。その夫マックス・ミルネールは、著名な文芸評論家ソルボンヌ大学の文学教授を務めた。

天性のリリック・バリトンであるパンゼラの、温かく表情豊かな声は、芸術歌曲の精妙な世界において存分に発揮された。メロディやリートの解釈で世界的に有名になると、ほぼ40年にわたって積極的に演奏旅行を行なった。フォーレ以外に、ヴァンサン・ダンディジョゼフ=ギィ・ロパルツアルベール・ルーセルアルテュール・オネゲルダリウス・ミヨーらと個人的に協力し、その声楽曲を初演した。

1949年から1966年までパリ音楽院教授を務めた。著名な門弟にカロリーヌ・デュマがいる。日本人では照井栄三が、戦前に個人指導を授かった。

録音[編集]

パンゼラは、『幻想の水平線』の初演の華々しい成功に続いて、直ちにフランスHMVと契約を結び、録音に備えた。しかしパンゼラ夫妻は、その初演の日から、あまりにもたくさんの申し出がたび重なったために、1940年の開戦まで、重要なレパートリーの録音を続けることができなかった。

サン=サーンスやフォーレ、デュパルクカプレらの歌曲集に加えて、ドイツ語リートの録音にも取り組んだ。例えば1935年には、アルフレッド・コルトーを伴奏者に迎えて、ロベルト・シューマンの『詩人の恋』の全曲録音を行なっている。オペラの録音も行なっており、得意のドビュッシー『ペレアスとメリザンド』からの抜粋(1927年)のほかに、ジャン=バティスト・リュリヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンリヒャルト・ワーグナーらの作品を取り上げた。1934年には、エクトル・ベルリオーズの『ファウストの劫罰』の全曲録音にも参加している。

大戦後にパンゼラ夫妻はマーキュリー・レコードに2点のLPを遺しているが、同レーベルの音源がポリグラム社からCD化された際、再発売されず、リマスタリングの対象に選ばれなかった。原盤である両方のLPは稀覯の品目となっている。

著作[編集]

パンゼラは、『歌唱法』(L'Art de chanter, 1945年パリ)や『歌を愛する』(L'Amour de chanter, 1957年パリ)、『発声法〜歌のお稽古30曲』(L'Art vocal: 30 leçons de chant, 1959年パリ)、『君の声〜全般的な指導』(Votre voix: Directives génerales, 1967年パリ)といった声楽教本を遺している。

参考文献[編集]

  • Karl Josef Kutsch and Leo Riemens, Editors: Großes Sängerlexikon Basel, Saur, 2000
  • Song on Record : V. 1 (Lieder); V. 2 (Song, including mélodie). Alan Blyth, Editor [A history of Art Song and its interpretation, with a guide to available recordings.] Cambridge, Cambridge University Press, 1986-1988

外部リンク[編集]