ウェルテル (オペラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウェルテル』(Werther)は、ジュール・マスネが作曲した全4幕のオペラドイツの作家ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』を題材にしている。「抒情劇ドラム・リリック)」と呼ばれることもある。

タイス』や『マノン』と並んで、マスネの代表作の一つとして数えられる。劇中の「手紙の歌」や「オシアンの歌」などは単独でも歌われる有名なアリアである。

作曲の経緯[編集]

マスネの回想録によれば、1886年に楽譜出版社のジョルジュ・アルトマンと共に、ワーグナーの『パルジファル』を観劇するために初めてバイロイトへ旅行し、その帰途ヴェツラルに立ち寄った際に、アルトマンが[1]マスネにゲーテの原作(フランス語訳)を渡されたことが作曲のきっかけであるという。マスネは原作を読んで、「熱狂と恍惚に満ちた情熱に思わず涙を流さずにはいられなかった」と語って感動し、涙したと伝えられ、「素晴らしいオペラになるに違いない」と予感したという。しかし実際には『若きウェルテルの悩み』をオペラにする構想を早くも1880年頃にすでにしており、これは友人たちに宛てた手紙の中で言及している。そして1885年から作曲に着手している。

1887年に総譜を完成させ、オペラ・コミック座の支配人レオン・カルヴァロに上演を依頼するが、カルヴァロは聴衆には陰鬱すぎるという理由で断られてしまう。さらにその年の暮れにコミック座は火事で焼失してしまい、『ウェルテル』はしばらくの間お蔵入りとなってしまう。

初演[編集]

『ウェルテル』の初演の機会が得られない最中、1890年に『マノン』がウィーンで初演され大成功を収め、この成功を受けて、宮廷歌劇場側が既に完成していた『ウェルテル』を非常に興味を示したため、ようやく初演が実現し、1892年2月16日にドイツ語版によってウィーンで初演されて大成功を収め、同年中にヴァイマルなどドイツ各地で上演されている。

パリ初演は1893年1月16日にコミック座で行われたが、失敗に終わってしまい、翌年にはレパートリーから除外されてしまう。しかし1903年アルベール・カレが同劇場で再上演を行った際は、徐々に人気を高め、パリのみで上演された回数は1300回以上を記録している。現在は最も人気のあるオペラとして上演され続けている。

原作と台本[編集]

  • 原作:ゲーテの『若きウェルテルの悩み』(1774年)
  • 台本:エドゥアール・ブロー、ポール・ミリエ、ジョルジュ・アルトマンの3人による共同制作(フランス語訳)。

楽器編成[編集]

演奏時間[編集]

全幕2時間20分。前奏曲:約5分、第1幕:38分、第2幕:35分、第3幕:38分、第4幕:24分。

登場人物[編集]

人物名 声域
ウェルテル テノール 23歳
アルベール バリトン 25歳
大法官 バスまたはバリトン
シャルロット(シャルロッテ) メゾソプラノ 20歳、大法官の長女
ソフィー(ゾフィー) ソプラノ 15歳、シャルロットの妹
シュミット テノール 大法官の友人
ヨハン(ジョアン) バスまたはバリトン 大法官の友人
ブリュールマン テノール 青年
ケートヒェン ソプラノ 少女
6人の子供たち 子供の声

その他(黙役):住民たち、召使たち、客たち

あらすじ[編集]

時と場所:1780年代の7月から12月、フランクフルト郊外ヴェツラル

第1幕 法官の家の庭[編集]

第2幕 中央広場[編集]

第3幕 アルベールの応接間[編集]

第4幕 ウェルテルの書斎[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヴェツラルはゲーテが『若きウェルテルの悩み』を執筆した家があり、2人はそこに訪問したという

参考資料[編集]

  • 『最新名曲解説全集19 歌劇2』(音楽之友社
  • 『新グローヴ オペラ事典』(スタンリー・セイデイ著、白水社