シボレー・モンタナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シボレー・モンタナ (Chevrolet Montana) はシボレー新興国市場(主にラテンアメリカ)で販売しているクーペユーティリティ (en:coupe utility) 型の小型ピックアップトラックである。メキシコでは(ポンティアックが既に同名のミニバンを導入していたため)シボレー・トルネード (Chevrolet Tornado) の車名で、南アフリカ共和国ではシボレー・ユーティリティの車名で販売されている。

初代(2003年-2010年)[編集]

シボレー・モンタナ(初代)
2009年型
2009 montana 1.8 sport.jpg
販売期間 2003年-2010年
ボディタイプ 2ドアピックアップトラック
エンジン 直4 1.4L
直4 1.8L
直4 1.7L ディーゼル
駆動方式 FF
変速機 5速MT
全長 4,430mm (2003-2008)
4,422mm (2009-)
全幅 1,654mm (2003-2008)
1,646mm (2009-)
全高 1,420mm (2003-2008)
1,456mm (2009-)
ホイールベース 2,714mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

初代モンタナはオペル・コルサCの派生車種の一つであり、基本的にはオペル・コンボCをベースにピックアップトラック化したものである。2003年に発売開始され、それまでのコルサBピックアップ(メキシコではシェビーピックアップ)にとって代わった。また、南アフリカでは2代目オペル・コルサユーティリティとして発売され、2010年にオペルからシボレーブランド車に代わった。

エンジンは仕向地によって異なるが、1.4L、1.8L、そしていすゞ製1.7Lディーゼルの3種類であった。ブラジル仕様はフレックス燃料車となる。

生産はブラジルサン・ジョゼ・ドス・カンポス工場で行われた。また、メキシコ工場と南アフリカ共和国ポート・エリザベス工場ではブラジルからCKDキットの供給を受けて現地組立を行っていた。

2006年型


2代目(2010年-)[編集]

シボレー・モンタナ(2代目)
2011 montana 1.8 sport.jpg
販売期間 2010年 -
ボディタイプ 2ドアピックアップトラック
エンジン 直4 1.4L
直4 1.8L
直4 1.3L ディーゼル
駆動方式 FF
変速機 5速MT
全長 4,514mm
全幅 1,700mm
全高 1,578mm
ホイールベース 2,669mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2010年9月28日発表[1]。サン・カエターノ・ド・スルにあるGM・ド・ブラジルのテクニカルセンターにて開発が行われ、ベース車がコルサから同じGM・ド・ブラジル開発のコンパクトハッチバックであるアジャイルに変わった。

エンジンは仕向地によって異なるが、ラテンアメリカ諸国では1.8L SOHC 8vが搭載され、南アフリカ共和国では1.4L SOHC 8vと1.3L DOHC 16v ディーゼルも加わる。ブラジル向けは1.4L Econo.Flexが搭載され、ガソリン走行時で71.3kW (95hp) 、エタノール走行時で75kW (101hp) を発揮する。

製造はサン・カエターノ・ド・スル工場にて行われる。

脚注[編集]

  1. ^ Chevrolet lança Nova Montana, pronta para o lazer e para o trabalho” (ポルトガル語). GM Media Online (2010年9月28日). 2012年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]