ザーラ・レーヴィナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザーラ・アレクサンドローヴナ・レーヴィナZara Aleksandrovna LevinaЗара Александровна Левина1906年2月5日 - 1976年6月27日)は、ウクライナ出身の作曲家ピアニスト

シンフェロポリユダヤ人の家庭に生まれる。オデッサ音楽院ピアノを学んだ後、モスクワ音楽院に入学してピアノを続ける一方、ニコライ・ミャスコフスキーレインゴリト・グリエール作曲を学び、1932年に卒業した。セルゲイ・ラフマニノフアレクサンドル・スクリャービンセルゲイ・プロコフィエフルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンロベルト・シューマンを尊敬しており、作品にこの5人の影響は顕著である。ロマンスや子どもの歌などの合唱曲が多いが、2曲のピアノ協奏曲やピアノ独奏曲も残している。

文献[編集]

  • Г. Поляновский. «Ода солдату» Зары Левиной // «Музыкальная жизнь», 1963, № 17.
  • Н. Михайловская. Зара Левина. — М.: Советский композитор, 1969.
  • Валентина Чемберджи. В доме музыка жила. — М.: Аграф, 2002.