ザクセンシュピーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザクセンシュピーゲル・Sachsenspiegel)は、中世ドイツで広く用いられた法書である。

概要[編集]

ザクセン騎士アイケ・フォン・レプゴウ(Eike von Repgow 1180頃〜1233以降)によって1225年によってまとめられた。[1]当初はラテン語で記されていたが、ファルケン伯ホイアーの要請によってドイツ語に書き改められる[2]。なお、本書は低地ドイツ語で書かれた最初の散文文書である。[3]

本書の題名ザクセンシュピーゲルは、ザクセンという意味である。[4]「ザクセン法鑑」と訳されることもある。

内容[編集]

本書は4つの序文とラント法封建法の二部からなる本文によって構成される。 レプゴウは当時各所で発生していた法的問題の解決のために、それまで口頭で伝承されていた慣習法を文書化した。彼は本書をザクセン法に則って記述しようとしたが、実際は彼の生まれ故郷であるオストファーレンの法であるとされている[5]

影響[編集]

本書は法典とは異なり、私人の編纂による法記録でしかないが、中世以降のドイツ法に多大な影響をもたらした。 14世紀にはザクセンの裁判所で法典と同様に扱われ、本書を基に編纂された普通ザクセン法はザクセンではザクセン民法典の作られる1863年まで、プロイセンでは1794年一般ラント法典まで、テューリンゲンなど一部の地域では1900年ドイツ民法典の成立まで効力を持っていた。[6]

また、各国語にも翻訳され、ドイツ国外においてもオランダデンマークポーランドウクライナなどでも使用された。

脚注[編集]

  1. ^ ヴォルフガンク・ハルトゥング 「中世の旅芸人 奇術師・詩人・楽師」 法政大学出版局 東京 2006 p187
  2. ^ ザクセンシュピーゲル・ラント法 アイケ・フォン・レプゴウ著 久保正幡ほか訳 創文社 東京 1977 p23
  3. ^ 歴史学事典 第9巻 法と秩序 緒方勇ほか編 弘文堂 東京 2003
  4. ^ 序文178行〜183行 ザクセン(人)の鏡と この書物は名づけられるべきである、 けだしザクセン法が これにより明らかに知れること、あたかも鏡によって婦人たちが そのかんばせを視るようであるから。 レプゴウ p12
  5. ^ レプゴウ p384
  6. ^ レプゴウ p385